思考修正の方法・コツ・仕組みを大公開

あなたのお望みはなんでしょうか?

今、悩んでいること、解消したい問題は、なんでしょうか?

恋愛成就系であれば、

片思い成就、復縁、結婚。

略奪愛。セカンドから本命へ。

イケメン夫とイケメン愛人の二股、もしくは、ハーレム。

曖昧な関係から、真剣交際へ、そして結婚へ。

同性愛。

彼氏いない歴=年齢からの王子様との出会い!

ビッグネームとの熱愛!

なんでも、いいですよ、私は「そんなこと望んじゃ、イケマセン!」とか、いう、はずが、ないですからね。そんなこというほど、えらい人でも、偉大な人でもない、ただのにんげんです。

ほかにも、なにか、ありますか?

お金ですか?大金持ちセレブリッチで玉の輿でしょうか?

ほったらかし、月労働時間60分で月収びっくり万円でしょうか。

ハイブランドへ堂々と入って「ここからここまで、全部頂戴」「とりあえず、新作全部頂戴」でしょうか 。

物欲ですか。

いいですよ、なんでも。

世界一美しい奇跡の90歳でも目指しますか、カルメン・デロリフィチェ、越しますか?

あ、でも、これは、私も狙ってるので、ライバルに、なっちゃいますね♡

ほかには、なんだ、芥川賞受賞とかでしょうか。

もうね、自由に、本当に自由に、制限を外す、ここから、どんどん壊していきましょう。

前例がないのであれば、自分が世界初になりましょう。

自分が好きなもの、ときめくもの、わくわくするもの、好きなもの、まずそれを、自由に思い描きましょう。

「こんなこと、望んじゃダメッ・・・!」

そう思う人第1号は、あなたなのです。そんなあなたがいて、第2号第3号・・・(その他の愉快な仲間たち)が登場してくるだけです。

でも、

「こんなこと、望んじゃダメ」

とか、思うことってあると思います。そんなときは、誰にも見られないように、こっそり、スマホのメモ帳にでも書きだしてみてください。勇気をもって、書きだしてきてください。

それを、勇気を持って、見てください。

一人でこっそり、見て見てください。

自分は、何が好きで、どんなことを望んでいるのか?

だれも、あなたを責めません。まずは、あなたが、あなたの望みを知ってあげてください。

さてさて。

望みがはっきりしたところで、どうしましょって、なったとき。

ネットサーフィンしてみたら、出てくる出てくる、引き寄せの法則、潜在意識。

なんかちょっと疑わしいような、安易に信じるのがコワイような。

でも、信じてみたいような、直感的に真実とわかるような。

そして、調べるうちに、出てくる、出てくる、

思考修正。

もう、これ、完全に、ひっかけ問題です。

お気づきでしょうか?

ここで、ひっかかったままだと、あなたの大切な、大切な、望みは、なかなか叶いにくいものになってしまいます。

思考修正の罠。

思考修正という言葉。

どこを読んでも、こう書かれてるので、私もブログで、思考修正という言葉を使ってます。

しかし、

(1)便宜上、使ってるだけです。

(2)「思考修正」という知識を持ったあなたと出会うために、思考修正という言葉を使ってるだけです。

(3)まぁ、結果的に「思考が修正された」と言えないこともないので、嘘ではないし、思考修正という言葉を使ってるだけです。

私が「思考修正」という言葉を使う理由は、この↑3つです。

しかし、厳密に言えば、思考は修正するものではないのです。

ググりました→

【修正】しゅうせい 《名・ス他》よくない点を改めること。「軌道を―する」

あるいは、

【修正】しゅう‐せい〔シウ‐〕[名](スル)不十分・不適当と思われるところを改め直すこと。「文章の誤りを修正する」「修正案」「軌道修正」

だそうです。

どうでしょう。あなたの「修正」の理解・定義と一致していますか?

YES or NO

一致している方、思考修正の罠にハマってるかもです。

なかなか叶わない原因、まず、1個目、そこにあるかもです。

(つづきは、メルマガで・・・!)

(つづきは、こちらをクリック・・・!)

(つづきは、オーダーメイドセッションへ・・・!)

と言いたいところをグッと我慢して、先に進めます。

まず。もう。

願望実現をしようと、思うなら。

否定。

これが、もう、あってはならないのですよ!

もっというと、否定を否定すら、しちゃいけないのですよ!

否定している自分を否定する、これすら、否定しちゃいけないのですよ!

願いを叶えるのであれば、です。

その願いが、片思い成就でも、イケメンリッチでも、ドバイで豪遊でも、

まずは、否定を、やめて、ください、なのですよ、私がお願いしたいのは。

「恋愛成就で、否定をやめましょう」

↑なーんか、派手さに欠けますが、超絶重要なのです、そこんとこ、よろしく。

否定をやめる。

これが、もう、泣いてすがるほどに、重要なのですが。

思考修正・・・

・・・修正・・・!

あ、ゲシュタルト崩壊してませんか?私、しました。

そう、修正。

これって、自分の思考を、否定して、なんとかしようと、している危険性が、なくもないのですよ。これってどうよって話です。

そんな、細かいとこ、ほっといてって感じですか。

しかし、何事も動機が重要なのです。

自分の思考を、ダメッ!として、なんとかしようとするという思考修正。お心あたりある方、おめでとうございます。ここで、気づけて、本当に、よかったです。今すぐ、やめましょう。

そのままだと「なんで叶わないんだろう?こんなにがんばってるのに」になりかねません。

あ、あと否定関連でいえば「今の自分、生活、現状その他がいやだから、不満だから、こんなのヤダから、〇〇を望みます・・・!」これも否定からはじまってます。俗にいう、不足からくる願望とかなんとかいうやつでしょうか。これも、叶いません、なかなか叶いません、うっかり叶ってもまた”宿題”です。

まずは、すべてを、受容。

もう、なにもかもをOK。

否定は、やめる。

否定したら、それも受容。

もう、全部これでいいのだ、と、する。

お願いです、私、本当に、適当に言ってるわけじゃないんです。

本当に、大切なことなのです。

あなたの、幸せな恋愛結婚を、心から望んでいるのです。

だから、これ、本当に、大事なことなんだって、思って、ください。

否定やめましょう。

自分様の思考を

  • こんな思考あるから願い叶わないんだ!
  • 幼い思考め!えいやっ!
  • こんな恥ずかしい思考、どうにかしてでも、隠してやるぅ〜!
  • 未熟者め!

などなど、思わないでください、というか、思う必要が、ナイのですよ。

否定したら、現実も思考もなにもかも、動かなくなります。

しかし。

  • その思考が、恋愛成就妨げますねぇ
  • その思考、不要ですねぇ、持ってる必要ないですねぇ

という思考が存在するのは事実です。

不要な思考(思い込み、決めつけ、ブロック)、幼い思考、エゴ、などなど、いろいろです。

この不要な思考を否定せずに、どう取り扱うの?ってとこですが。

(つづきは、メルマガで・・・!)

(つづきは、こちらをクリック・・・!)

(つづきは、オーダーメイドセッションへ・・・!)

と言いたいところをグッと我慢して、書きます。

思考を選び直す

そうだわ、この表現が、一番しっくりくるわ。って感じです。

↑この、ケーキ?ですかね?

どれにする?くらいのノリです。

いちごが乗ってるやつが正しくて、ブルーベリーとキウイは間違いです!幼いケーキです!未熟者です!とか、ありえない、わけですよ。本当に、そういう話なのですよ。

実践的なことをいうと、

  • 自分の思考をまずは、まっすぐに確認する
  • ただ見る、気づく
  • へぇ、と思う
  • 新しい思考を宣言なりなんなりして送り出す(思考の選び直し)

ですよ。

たとえば、彼と復縁したいとします。

しかし、私様をこっぴどくふって、美女とイチャイチャしている彼ちくしょーが許せないワケですよ。

彼がムカつく。彼の幸せが許せない。彼に愛してほしい。

これを持ったまま復縁成就は、潜在意識的にいうと、無理なワケです。

しかし、この思考たちをダメとしないのです。否定しないのです。ここ重要です。

  • 自分の話を、自分が聞く(自分との対話)
  • 自分の思ってることを書き出す
  • 自分が言いたいことを書き出す
  • ネガティブ、引っ込めてはいけません
  • 自分=まわりの人を実践する
  • ネガティブ、被害妄想を、写経でもするノリで、やる

この辺りのことを実践して、そうするなかで、

復縁成就に必要な思考をまっすぐに、まっすぐに、送り出せばOKなのです。

ごめんなさい、眠くなってきました。

・・・。

バッグにごちゃごちゃに詰め込んだ荷物を、まず、出す。

机に並べる。見る。

自分がなにを持ってたか、見る。ただ見る。

へぇ、と思う。

ゴミ入ってんじゃん、こんなんだから結婚できないんだ、とか責めない、否定しない。

ただ、机に並べて、見る。

ただ、へぇ、と確認する。

そして。

必要なものだけを、バッグに入れる。

そして、やっと、デートに軽やかにお出かけできる、となるのです。

本当です。

あれ、もう、ご存知でしたか?

よろしくお願いいたします。

合わせて、

「鏡の法則」という言葉を聞いたことがあると思います。 潜在意識や引き寄せの法則をあまり知らない方も「相手は自分を映す鏡」と言葉...
潜在意識を活用して恋愛成就するならこの”3つの柱”が重要!それぞれについて詳しく紹介している記事をPICK UPしました。

このあたりの記事を、もう一度ご確認ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!