なぜか願いが叶いまくる願い事リストの作り方

ringoです。

今日は、なぜか願いが叶いまくる願い事リストの作り方〜ringo流〜です。

〜ringo流〜とか書きましたが、まぁ、意外と普通かもしれません。

★★★

年末年始、そして、毎月訪れる新月、あとはマヤ暦のなんとかなどは、願い事を書くといいタイミングって言われてますが、

私は大体、このタイミングを逃しちゃう出遅れ組タイプです。

毎月やってくる新月などは、もうハードル高すぎます。把握できませんって感じでした。

年末年始とか、私的には、一年で一番バタバタ過ごすタイミングですし、そんなときに願い事リスト作る時間なんて作れない!ってなってました。

そして、いつも「あー、もう、お正月すぎちゃった、願い事リスト書く気も失せた」とか「わー、昨日新月だったんだ、もう今月の願い事書けないじゃん」とか、なってました。

↑この過去の私の状態っていうのは「私は願いを叶えたくありません。今のままがいいです。変化を受け入れる覚悟がありません。願いたくもありません。願って叶わなかったら傷つくからです。」という状態です。

「私はなにもしたくありません!」というサインを全身で発しながら、不平不満愚痴をいってたのです。

一応本読んだり、誰かのセッション受けたりして「がんばってる風」のポーズはとってたのですが、

一番肝心な「私はもうなにがなんでも変わるんだ!」という決意がなかったのです。

厄介なのは「がんばってる風のポーズ」をとることで、「こんなにがんばってるのに、なんで叶わないの?」という発想につながっていた、ということです。そして、悲劇のヒロインな自分に酔う、ということをしていたのです。

★★★

私が、本気で、変わる!と決意してからは、

年末年始を逃しても、新月を逃しても、マヤ暦の手帳がどこにいったかわからなくなっても、

たとえ今日が仏滅だったとしても、

とにかく、いつでも、自分の願い・望みにひたすら向き合うようになりました。

一切の言い訳をやめて、とーにーかーく!

・自分の望み、幸せ、叶えたいこと、好きなことを本気で考える、書き出す

・望む未来に関連することをネットで調べる

ということをしました。

(ネットで検索すべきは、恋愛テクニックや男性心理よりも、自分の望みに関連したこと、ですよ、お嬢ちゃん 笑)

うふふくんのことやお金のことや仕事のことや、あらゆることがうまくいきはじめる前の数ヶ月間、鏡の実践や思考の書き出しもしてましたが、

この、自分の望みと本気で向き合う、ということも、してましたねぇ。

★★★

と、いうわけで、本題に入ります。

なぜか願いが叶いまくる願い事リストの作り方。

(1)ノート用意してください。スマホやパソコンのメモ帳でもいいです。

(2)2019年内に叶えたいことを100個書き出してください。

コツ

・大胆に自由に書きましょう。

・いや〜これちょっと無理かな?イケるかな?くらいを書けるとスバラシイです

・目標、Todo的なこと(自分が行動さえ移せばできそうなこと)も書いてもいいのですが、楽しい内容にしてください。ゾクゾク、ワクワク、するような内容にしてください。

・期間とか日時指定は、書いてもいいのですが、焦りや抵抗が強くなりそうな方は、指定しない方がいいかもです。ベストなタイミングで、と、思っとくのが、吉、です。

・金額は「いや、こりゃちょっと無理かな」と感じた数字の倍額設定してください笑 たとえば月収100万円を叶えたいと思いついたなら、月収200万円で設定しましょう。

・「〜になる!〜する!〜に行く!」みたいな、宣言文っぽい感じで書くのがオススメです。この書き方だと、叶う前は決意表明的な感覚で読めますし、叶った後は「あー、こんなことあったなぁ」と、年表読み返すようなノリで読めますので。

・〜ますように、と、書きませぬよう、よろしくお願い申し上げます。

・過去形や、〜つつあるなども、ringo的には、あまりオススメじゃないので、迷う方は宣言文で書いてください。

★★★

そして、この願い事を、

誰かに叶えてもらう

のではなくて、

自分自身が、宇宙の流れにのって、叶えていく感覚、でいてください。自分が自分の現実を創っていく、という感覚です。

たとえば「この通りにやっときゃ叶うんでしょ!」だと、いつも外側が気になって、肝心要の自分の内側というものを見なくなってしまい、他人軸になって現実に振り回される、と、なります。

※ここが結構大事なところなので、

人のせいにしたいとか、被害者・悲劇のヒロイン思考・ジャッジメント思考(傷つけられた、見捨てられた、だまされた、どう考えてもあの人が悪い)などは、願望成就にとって不要な思考であるということなのです。

★★★

100個、書いてくださいね。

100個くらいチョロいという方は、300個とかそれ以上書いてください。

たくさん、たくさん、書きまくってください。

ここが、ringo流である、理由です。

10個とか、30個とか、は、今までも、やってきたと思うのです。

大きな変化を起こすには、行動を変えてみることがポイントです。今までだったらやらないようなことをやってみるのが、コツなのです。

書きまくってください。

そして、全部、叶うったら叶う!と、一瞬思って、ノートを閉じて、終わりです。

2019年が終わる頃、あなたはそのノートを見ながら、

「うわやべー!!マジでほとんど叶ってんじゃん!!笑笑」

と、ホクホクしてるでしょう。おめでとうございます。

追伸

私は今年もロルバーンにしました。今年もよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!