ネガティブと上手に付き合って恋愛結婚を叶える方法

「ネガティブ感情との付き合い方」を、ここで一旦整理整頓します。

(1)まず「ネガティブ」というのは、悪いものでは、ありません。

ネガティブを悪として、ネガティブを抑え込んだり、見てみぬふりしたり、しても、状況は変わらないでしょう。※一時的によくなることもあるかもしれませんが、そのあと必ず揺り戻しがきます。

「ネガティブになってしまいました」というメールをいただくことも多いですが、

「ネガティブになった=いけないことをした=反省する、自分を責める」

ということをしても、意味はないです。

「ネガティブ」だって、私の一部分なのです。

ここを見てみぬふりして、引っ込めても、潜在意識の部分にちゃんと存在しているので、思考=現実化、となります。

(2)ネガティブを書き出す

なによりも大切な「ワタシ様」が、ネガティブだとおっしゃってるわけですので、ここは一旦、その声に耳をすませましょう。

紙に書き出す

のが、一番おすすめです。

おすすめです、というよりも、ぜひ、紙に書き出してください。

スマホのメモ帳に書くのも◎です。

とりあえず、今、自分が思っていることを、文字にしてみましょう。

「ネガティブ感情を見てみぬふりする、抑え込む」としたら、現実化しますが、

「今から自分の思考チェックをする!」という意図をもって、文字にすれば、恐れているようなことは起きません。

というか、これをすることで、「恐れていたこと(思考)が、現実になった(文字になった)」となるので、ネガティブがやばいときや、「なにかを見てみぬふりしてる自覚があるとき」は紙に書き出してください。

自分がなにを見てみぬふりしてるのか、本当はなにを考えてるのかよくわかんない、という方には、ブレインダンプやモーニングページ(とにかく、紙に思ってることを書き出しましょう、的なアレです)もおすすめです。

(3)自分の思考に気づく

書き出したら「ほう、私はこういう思考を持っていたんだな」と、気づいてください。

「俯瞰する」ような感覚です。

ただ、書き出すだけでもOKです。

ここで、

「こんなこと思ってる自分はダメだ」などと、自分を責めたり、反省したりすることのないよう、くれぐれもお願い申し上げます。

書き出したら、

  • ふーん、と眺める
  • 書き出して、スッキリ、となる
  • へー、こういうこと思ってたんだ、と俯瞰する

↑このどれかのリアクションで、よろしくです。

思考を書き出す→このリアクション

という流れで、すでに、自愛が、できてるのです。

※自愛=自分を愛する、自分を許す、自分を受け入れる、自分を認める、自分の内側を見つめる、とも言えるでしょう。

★★★

これで「もう、にっちもさっちもいかないネガティブ状態」からは、抜けられるでしょう。

★★★

ネガティブを「どうにかしてやろう」「消してやろう」というように、”ネガティブと戦う”としてしまうと、

ネガティブは、どんどんその存在感を増すでしょうし、ネガティブな感情が引き出される出来事が現実化するでしょう。

ネガティブな感情は、悪いものでもないし、いけないものでもありません。

あなたの、大切な、思考の一部分です。

悪いものでもないし、消さなけれなならないものではないので、

まずは「その存在を、見つめる」ということを、してください。

★★★

思考の修正やら、潜在意識書き換えやらは、そっからの話です。

※私は、修正とか書き換えという表現に違和感を覚えますが、この言葉で検索する人が多いので、この言葉を使ってます。

「ネガティブを存在させる」そして「どんな自分も見つめる」ということをして、はじめて、修正でも書き換えでも、すんなりうまくいくようになるのです。

思考の修正のやり方については、また、記事にします。※私が、記事のアップを忘れていたら、教えてください。

★★★

人の悪口とか、批判とか、クレームとか、不満とか、嫉妬とか、人の不幸を喜ぶような気持ち、人を責める気持ちも、同じです。これは、よく「ブラック思考」と言われます。

で、意外と皆様、ブラック思考は持っているものです。

そして、そんな自分を、認めたくない、と思う方も、多いです。

「私がブラック思考を持っているはずがない」と思っている方も、いらっしゃいます。

「この世は鏡だから、人の悪口を言ってはいけない」と、一生懸命な方もいらっしゃいます。

が、しかし。

もしも、うっすらとでも、ブラック思考がよぎっているのであれば、そこに光を当ててください。光を当ててください、というのは「そんなふうに思っている自分を、責めることもせず、反省することもせず、ただ、見つめて、気づきましょう」ってことです。

思考は現実化する、自分=まわりの人、という知識を持った上で、「ただ、気づく」と、してください。

自分を責めたり、反省したり、しなくていいです。意外と、みんな、思ってますし、私も昔は、ブラック思考の塊でした。黒林檎でした笑

人の悪口とか、批判とか、クレームとか、不満とか、嫉妬とか、人の不幸を喜ぶような気持ち、人を責める気持ちは、

そのまま相手にぶつけても、状況は改善されないことが多いです。悪化することのほうが、多いかもしれません。

「本音を大切にしましょう」というと、このブラック思考をそのまま相手に伝えちゃった!という方がたまにいらっしゃいますが、

あなたの本音は、ブラック思考の奥に、潜んでます。

この、奥の部分を、見つめてください。そして、この奥の部分を伝えるなり、自分で叶えるなり、していってください。

★★★

ネガティブも、ブラックも、ほぼ全員持ってます。

あなただけが、そんな思考を持っているわけではないのです。

「みんなと同じ」です。

(12/5 更新) 12月の予約(現在セッション中の方の見込み枠含めます)が満席となりました。 いや〜、予約が取れないセラピスト...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!