一瞬ですべての願望を叶える方法

一瞬ですべての願望を叶える方法・・・と、強気なタイトルをつけてみました。

ちゃんと、その方法は、存在します。

*****

今から書く内容を、私は、昔から「知識」として、持っていました。(断片的にですけど)

いろんな本やブログで読んで、このことを知ってはいましたが、

「いやでもだって、そうは言ってもさぁ〜」

と、思っていました。

あるときは、

「この方法を信じてしまったら、私は、”なにもない惨めな自分”に満足し、つまらない人生になってしまうのではないか?」

というような、今思えば、小難しいことを考えていました。

しかし。

”すべての願望が叶って、幸せに生きる”ということが叶っている今、

”今からここに書く方法”は、本当に、そのとおりだと思います。

*****

一瞬ですべての願望を叶える方法。

それは、願望を捨てることです。

願望を持つ=〜ほしい

というのは、

今、それがナイです

と言ってるのと、同じことです。

「ナイです」

と、言ってるだけなら、まだしも、

「この、ナイ状態が、とっても、嫌です!!!!」

と叫んでいる、ということもあるのです。

*****

もうちょっと噛み砕きましょう。

自分の思考=自分の現実

です。

「今目の前に広がっている現実」

を「こんなの嫌だ!!!!」否定するということは、

自分の思考を否定していることになります。

つまり、自分を否定していることにも、なるのです。

否定したままでは、否定したくなる現実がつづくでしょう。

*****

今までのループから抜け出すには、

「視点を変える」のが、一番いいのです。

*****

「〜ほしい」

というのは

「ナイから、求める!!」

という現実を、作ることになるのです。

つまり、あなたは、その無限の可能性・創造力で、”ナイ現実”を、創っているのです。

本当は、すべてすでに、持っているのに。

*****

ナイ、ナイ、と、言い続けるよりも、

「すべてすでにある」ことを知りましょう。

というのでは、ちょっとアレすぎるかもしれないので、

”それに近づける方法”というのをあげておきます。

*****

・不足でななく、充足に目を向けてみてください。

・日々の嫌な出来事よりも、いい出来事にフォーカスしてみてください。

・自分やまわりや目の前のものに、感謝してみてください。

・自分やまわりを、無条件で褒めてみてください。

・「ほしいものがナイ件について」考えたり、頑張ったりするよりも、「今目の前のこと」に夢中で取り組んでみてください。今を、じっくりと、味わってみてください。

・自分の好きなこと、楽しいことを、どんどん、やってみてください。

*****

「彼と恋愛成就したい」ということが、願望ならば、

彼のことについてなんとかしようとするよりも、ほかのことについて、考えたり、実践したりするほうが、いろいろ早くうまくいくかもしれません。

*****

「私が私を幸せにする!」

と決めたら、

自分の内側を満たすことに、ひたすら、集中してみてください。

「今、私が、私のためだけにできること」

を、どんどんやってみてください。

*****

「ナイ!!やだ!!手に入れたい!!」

というフォーカスから、違うフォーカスに、ずらしていってみてください。

「ナイ!!やだ!!手に入れたい!!」←この思考を、消す必要はありません。

*****

一瞬ですべての願望を叶えるのは、願望を捨てることですっ

と、書きましたが、

それを願うのをやめましょう、というよりかは、

「〜ほしい!〜ないのはヤダ!〜を手に入れたい!」

という状態ではない状態になると、いいかもですね、ということです。

それが、

・すべてすでにあるという視点で生きる、それが腑に落ちる

ということではなくても、

「〜ほしい!〜ないのはヤダ!〜を手に入れたい!」

というところからフォーカスがずれていればいいのです。

「〜ほしい!〜ないのはヤダ!〜を手に入れたい!」

と、現実に不足を感じ、現実を否定したまま、がんばっても、不足を感じる現実・否定したくなる現実が、くるかなぁ、という感じです。

「〜っていいなぁ(楽しみ、わくわく、ときめき、充足感)」

と、ふんわり、思うのは、とっても、いいと思いますが、

「〜ほしい!〜ないのはヤダ!〜を手に入れたい!」

と、不足感や否定する感じを発信すると、不足・否定を感じる出来事が入ってきます。

*****

「〜ほしい!〜ないのはヤダ!〜を手に入れたい!」

と、不足感や否定する感じを発信している状態とは、

たとえ話をすると、

あなたは、ハワイに行くために、飛行機を予約し、成田空港にいます。

成田空港であなたは「なんでここはハワイじゃないの!成田空港とか嫌なんですけど!ハワイ以外は許せないんですけど!成田空港とか最悪!」と、言ってるようなものです。

これを、言い続けていれば、おそらく、どんどん「成田空港、気に食わないぜ!」という気分になってくるでしょう。あるいは、ハワイにいる人達と、成田空港にいる自分を比べて、「私は、みんなと比べて劣っている、なんと惨めなんだろう」と悲しくなるかもしれません。

「ちゃんとハワイに行ける」ことを知っていれば、取り乱すこともなく、すんなり時刻通りにハワイに着くところを、

「なんでここはハワイじゃないの!成田空港とか嫌なんですけど!ハワイ以外は許せないんですけど!成田空港とか最悪!」「いつになったらハワイに着くのよ!いつハワイにつくんですか!」と騒ぐことに一生懸命すぎると、本当に飛行機を逃してしまうことになるかもしれません。

あるいは、成田空港が気に食わなすぎて、

「東京駅に行ったほうが早くハワイにつくかもしれない」的な気分になってくるかもしれません。

ある人は「ここがハワイではなくて、成田空港であること」が、悲しすぎて、空港のトイレに引きこもったまま、そこから出たくない、となるかもしれません。

*****

「願いが叶わない。こんな現実もういやだ」というとき、これと、似たようなことを、しているのです。

不足感や否定の気持ちを、持ち続けていると、↑のように、「盲目的」になってしまうものなのです。

*****

「いやいやいやいや、大丈夫だよ。あなたは、今、成田空港にいる。あなたが、成田空港にいるのは、ハワイに行くためだよ。もう少ししたら、飛行機が着いて、それに乗ったら、ハワイに到着するよ。あなたは、ちゃんと、ハワイに行けるんだよ。あなたが、ハワイに行くことは、”決まってる”よ」

このことを、思い出してください。

*****

「すべてすでにある」ということを深く考えなくても、

「今、私は、東京にいるけど、ハワイに行きたい」→「ハワイに行こう」→「ハワイに行くと決めた!」→「休みをとって、チケットを予約した。もうすぐハワイに行ける!」→「ハワイだ〜!」

↑この流れに「ナイ!ナイからほしい!ナイのはヤダ!」的な、ニュアンスは、ありませんよね。

・・・そういうことです・・・!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!