私は催眠術師

今日は、私のただの日記です。

*****

明日から、催眠の研修にいってきます。

そういえば、昔から(10代の頃から)

「催眠」という言葉に、魅力を感じていました。しかし、なぜか、私は、それをやってはいけないような、私にはできないような、感覚がありました。

「催眠術は悪いこと」という感覚もあったかもしれません(極端にいえば)

催眠にも、いろんな方法があります。

”潜在意識書き換え”にも、いろんな方法があるかもしれません。

そして、私が大切にしているのは、

本来の自分に戻ること

です。

「暗示」だってそうです。

「わたし」という存在は、本当は、とても、素晴らしいもので、

様々な思い込み・観念・ジャッジメント思考によって、「本当の自分」を忘れてしまっているのです。「本当の自分」とのつながりが絶たれてしまっているのです。

本当の自分に戻ったとき、人は、「潜在能力開発!」「望み=叶う!」「願いが向こうから叶っていく!」的な展開になっていくのです。

私が用いる催眠・暗示は、一般的に認識されている”それ”ではありません。

3ヶ月コンサルでは、3ヶ月間、これを、やってます。

ただ、何回か、ビデオセッションして終わりってわけでは、ないのです。

私が用いているものは、遠隔でもできるやつなので。

「遠隔でもできるやつなので」というと、いよいよあやしい感じがするかもしれませんが、この世なんて、「あやしいもの」です笑

そういえば、うちの母は、「催眠術(一般的に認識されている方)」が使えます。昔、遊び半分で催眠術をかけてもらって、仰向けになったまま、動けなくなったことがありました笑

こんなことを思い出すと、やはり私は、父と母からできている、という感じがしますねぇ。

私が、用いる催眠は、「仰向けになったまま、動けなくなる」とか「あなたは猫になりました!にゃ〜しか言えません!」とか、そういうものではありません。

なぜか、うまくいきはじめる

なんかよくわからないまま、どんどん好転していった

的なものです。

みんながみんなじゃないですが。

「前回のセッションでは、大変な落ち込みようだったクライアント様が、次のセッションで、いきなり、突き抜けていた!(現実ももちろんうまくいっている)」

ということがあります。

そして、

「なんで急にこんなにうまくいきはじめたのか、わからない」

と、おっしゃったりしますが、

・・・そういうことです笑

※もちろん、じわじわ、よくなっていく〜という方も、いらっしゃいます。

あるいは。

「前回まで、〇〇について、めちゃくちゃ悩んでる!と言ってたのに、今回ではその話が全く出なかった(それ以来、その話がでない)」

「悩みが解消されていることについて、自覚が伴わない」

ということも、しばしば、です。

*****

うふふくんは、私がこの仕事をしていることを、知っています。

週末催眠の勉強会に行くことも知っています。

うふふくんは、「こんな男性いたのか!」というくらい、愛を言葉でも行動でも表現してくれるのですが、ちょうど先日、

「もしかして、俺、催眠にかけられてんの?」

と、言ってました笑

「違う違う、私が使う催眠は、人や自分をコントロールするためのものではなくて、本来の自分に戻るためのものだよ」

と、答えておきました。

「へー」と言ってました笑

本来の自分に戻ったとき、人は、「潜在能力開発!」「望み=叶う!」「願いが向こうから叶っていく!」的な展開になっていくのです。

*****

余談がつづきますが・・・。

ついに・・・。

うふふくんに、このブログが、バレてしまいました笑

おしまい笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!