質問に答えてみました【潜在意識活用】

よくいただく、質問に、適当に答えてみました。

★いっこめ。

Q:特定の人との恋愛成就を望むこと(執着であり、叶わない手段でもある)と、幸せな恋愛をイメージングすること(願望成就の方法であり、叶う方法でもある)の違いはなんですか?

A:以下、特定の人との恋愛成就を望むこと(執着であり、叶わない手段でもある)=「方法A」、「幸せな恋愛をイメージングすること(願望成就の方法であり、叶う方法でもある)」=方法B、とします。

方法Aも、方法Bも、「同じことを何回も思っている」という点で、一致しています。

「AとBの決定的な違いはなにか?」というと、

Aは「こんな現実嫌だ」というのが含まれますが、Bにはそれが含まれません。

以上です。

「ふんわりした、感覚的な話」も、交えますと、

Aは「そうならないと嫌だ、そうならなきゃ困る」的な感じがあります。ここには、否定・抵抗感・葛藤などが含まれています。

Bには、それが、含まれません。「ふんわりと、こうなったら、いいよなぁ」とか「そうなることを、ただ知っている」「そうなると決めている」等々の状態です。

★にこめ

Q:もし、うふふくんが他の人と結婚することになったとしても、うふふくんが幸せなら、それを祝福できる、的なことが書いてましたが、私はそんなふうに、どうしても思えません。

A:そんなふうに思えなくても、なんの問題でもないです。

こんなふうに思えないと、恋愛結婚叶いません、とか、そんなことは、ありません。

というか、今、私は、わざわざ「うふふくんが他の女性と結婚することになっても、ウンタラカンタラ」ということを、いちいち考えてないです。

ただ一つ、言えるのは、

自分=まわりの人

です。そゆことです。

★さんこめ

Q:私は結婚についてまったく焦ってないのですが、母から結婚を急かされます。これは私のなにを表しているのですか?

A:この事象が、あなたにとって「心が揺さぶられる、気になる現象」となっているのであれば、「結婚を焦っている自分」に気づいていなかった・見て見ぬふりをしていた・見ないようにしていた・抑え込んでいた、ということが、言えます。

★よっつめ

Q:彼が(中略)な言動をとります。彼は一体、何を考えているのでしょうか?

A:鏡の実践をすれば、「彼はなにを考えてるの?」「彼の本音」「なんでこんなことするの?」ということが、なくなります。

自分の思考が、自分の現実を、創ってます。

内部情報が、外側に映し出されているだけ、です。

★いつつめ

Q:彼とは(略)な状況です。本当に、うまくいきますか?ringoさんはどう思いますか?

A:あなたがうまくいくと思えば、うまくいきます、と、思います。

★むっつめ

Q:潜在意識とか、引き寄せとか、信じられないという気持ちがあります。

A:そうですか。

★ななつめ

Q:今までに、彼とは、これこれこんなことがありました。うまくいくと思えません。

A:視点を変えれば、過去は変わります。

過去にフォーカスすれば、その延長線上の未来がやってきます。

過去・現在・未来は、まったく関係のないものであり、全部同じものです。

どうにでも、なります。

おしまい〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!