恋愛成就・願望成就した人の共通点

ringoとしてのビデオセッションはじめて数ヶ月が経ち、

たくさんのクライアント様とご縁をいただき、

「願いが叶った」「いろんなことがうまくいきはじめた」「人生変わった」という報告もたくさんいただいてきました。

*****

プライベートでは「引き寄せ・自己啓発・スピリチュアル系のセラピスト」の友人・知人もいたり、そっち系のプロではないけど”開いてる”友人・知人も多いです。

*****

今回は、そんな人たちの「共通点」を書いてみたいと思います。

ぜひ、取り入れてみてください。

取り入れなくても「へ〜そうなんだ」と読むだけでも、また、変わってくると思います。

*****

  • 自分軸
  • とにかく「自分の内側」を大事にしている
  • 自分をまっすぐに見つめている
  • ジャッジメントに気づいている
  • 感謝と尊敬がある
  • ポジティブな発想力が豊か・その言葉をよく使う

ほかにもありそうですが、一旦、ここで、区切ります。

*****

上記の補足です。

・自分軸

→自分の思考・発想・心のあり方が、「自分軸かどうか?」というところを、大切にしてください。

「他人基準」ではなく、「自分基準」。

「人からどう見られるか?」「ではなく、「私はどうしたいか?」。

「正しいか間違いか?」ではなく、「私はどうしたいか?」。

願い事リストを「私」しか使わずに、たくさん書き出せるか?

願い事の内容が「人からどう見られるか?」ではなく、「私が幸せを感じられるかどうか?」にフォーカスがあたっているか。

ふだんの言葉や思考に「〜された」「〜と思われた」「〜してほしい」が多用されていないか?(この3つは、他人軸的発想の代表格です)

チェックしてみましょう。

・とにかく「自分の内側」を大事にしている

「外側(人、現実)をどうにかしたい」よりも「自分の内側の状態」を、なによりも、大事にしている、というのは、

すでに「引き寄せマスター」的な人の共通点です。

これから「願いを叶えていこう!」という人も、ここを、ぜひ、大事にしてみてください。

・自分をまっすぐに見つめている

無理がない。我慢がない。

自分の思考にたいして、見て見ぬふりがない。

すると、とても自然体で、「素敵に見える」となります。

大人になると「キレイに取り繕う能力」も身についてくるものですが、「自分の思考を、自分で気づいている」ということはとても大事です。

「こんなこと思うなんていけない、恥ずかしい」ということも、あるかもしれませんが、意外と「みんな一緒」です。

「ここの部分と向き合うのがコワイ」という部分に向き合ったとき、また、大きな変化があるものです。

・ジャッジメントに気づいている

私が言いたいのは、「ジャッジメント思考を捨て去りましょう!」ではなく「ジャッジメント思考に気づきましょう」です。

「ジャッジメントがやめられません」とか、悩まなくていいです。

・感謝と尊敬がある

これは〜、もう、全員に共通していると言っても、いいほどです。

私のプライベートの友人知人で「潜在意識とか引き寄せの法則とか、知らない」とか「スピリチュアルとか特に信じてない」という人で、「自他ともに自分を幸せだと思ってる、人生うまくいってる」人には、

感謝と尊敬があります。

・ポジティブな発想力が豊か・その言葉をよく使う

これは・・・

「ネガティブはいけません。ポジティブこそが、善!です」

という意味ではありませんよ。

ネガティブを無視したまま、あるいは、ネガティブを禁止したまま、本当の意味で「自由で幸せな人生、その視点」を手に入れることは不可能、と、いえます。

ネガティブな自分も、ポジティブな自分も、両方「大切な自分」です。

ネガティブな自分がいるからこそ、ポジティブな自分が存在できます。

ここまでを大前提とした上で、「人生うまくいってる人」「サクッと叶えちゃうクライアント様」は、

ポジティブな言葉をよく使いますし、ポジティブ的な発想力も豊かです。

「私、めちゃくちゃネガティブだわ」と思った人や、この項目がなんか引っかかった人は、「短所を長所に変えるサイト」を検索して、いろいろ遊んでみてください。

「ある事象」に対して、どう感じるか?どんな色付けをするか?というのは、自分自身です。「ある事象」というのは、実は、「なんの意味もない。ただ起きてる」だけだったりして、そこに、「自分のメガネ」を通して、いろんなことを感じて、「こんなことがあった。私はこう思った」と受け取っているものです。

ポジティブな発想力というのは、きっと、現実にも作用するでしょう。

そして、めちゃくちゃネガティブな人ほど、ポジティブ方面での広がり方も豊かだったりするものです。

*****

上記と関係ないかもしれませんが。

「占い依存が治った」報告は、本当にたくさんの人からいただいてます。

中には「一月の占い代=3ヶ月コンサル代」だった、という人も、ちらほらいます。

ちょうど、今日「セレブばりに、占い代をかけてたクライアント様」から「そういえば、ずっと占いいってない!必要性を感じなくなった」という話を聞きました。

セッションでは「自分軸」とか「鏡の視点」を、とことん強化していくのですが、

その過程の中で、自然と、占いは不要になってくる、という人はとても多いです。

別に、占いすることがいけないことでは、ありませんし、占いもある意味とても素晴らしいものでしょう。上手に活用すれば、人生を豊かにしてくれることもあると思います。というか、クライアント様に「占い師さん」も何人かいました。私も占いは好きです。

しかし「なぜ占いをするか?」の理由が「他人軸」なままだったら、

占いで「納得のいく結果」を受け取ることは、ほとんど不可能に近いでしょう。

その願いの重要度が高いほど、執着しているほど、「ほしい答え」は、どうしても、もらえない仕組みになってるからです。

占い依存の人は「占い師さんからなんて言ってほしいのかな?」「占いを受けることで、その先になにを望んでいるのかな?」というところを書き出してみて、

私は、私を幸せにする力を持っている!

と、唱えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!