私が恋愛成就する前にしたこと

私の体験談。

どこかに書いたような気もしますが、今思い出す範囲・思いついた範囲で、もう一度書いてみたいと思います。

*****

・思考の書き出し

「思考が現実化する」という前提で、自分の思考をチェックしてみようと思いました。

恋愛のことや現在のことだけでなく、今、思いつくもの・しこりになっているもの、すべてを洗い出しました。

書き出すときに「自分をジャッジしない」ということも、いつも思い出していました。

自分がなにを考えていてもOKですし、反省、改善はしません笑

※これは「自己受容」にも繋がります。否定していると、現実は変わりませんが、受容には大きな力があるのです。

・徹底して「鏡」で見てみる

「思考=現実」「自分=まわりの人」

ならば、その視点を得よう、ということで、「鏡の視点」というのを、ただ、日々、思い出していました。

・決める→そのとおりになる、を、繰り返す

毎日、毎週、毎月単位で、「こうなる!」「こんな一日にする!」ということを決めて、そのとおりになる、ということを実感していました。

もちろん、毎日毎日、できたわけではありませんが、できない日があっても、自分を責めず、投げ出さず、三日坊主の繰り返しを行っていました。

願い事リストとも、近いです。

「決める」「決意」「宣言」「意図」という感覚です。

私の場合は、

・期限は設けない、ベストなタイミングで、とする

・「特定の誰か」が含まれる願い以外の願いも設定する(むしろこちらが中心)

上記を意識することで、「叶った!」という感覚を得ることに、フォーカスしていました。

*****

ほかにもありましたが、「作業的な感じでやっていたこと」は、以上です。

それ以外で、私が大事にしていたことを、言葉にしてみたいと思います。

*****

・私のことは、私が幸せにするし、できる。ここに、他者や状況を影響させない(自分軸)

・「すべてうまくいってる未来の自分」を信じる

すべてうまくいく方法は、「すべてうまくいく」と、純粋無邪気に信じること・確信することです。 以上です。終わりです!笑 *****...

・「彼でもいいし、彼じゃなくてもいい」と思えた方がいいことを、何度も思い出す

・その上で、今、自分が何を思っていても、「すべてうまくいく未来が存在するから起きること」と考える

・タイミングとか縁とか、そういう目に見えない流れのようなものを信じて、これに委ねる。たとえば、思い通りにいかないことがあっても「なにか私にとっていい意味があるのだろう(そのなにかはわかんないけど)」みたいな感じで考える。

*****

こんなもんですかねぇ。

*****

あ、あとは、

・思考の書き出し

・鏡の実践

これをやる上で、私は自然と、

願いを叶えたい・現実を動かしたいからやってる

自分の内側やこの世の仕組みに興味・好奇心を持つ

へと、変わっていきました。

もちろん「願いを叶えたい・現実を動かしたい」というのもゼロになったわけではないですが

フォーカスが「自分の内側やこの世の仕組みに興味・好奇心を持つ」こちらのほうが主になっていました。

*****

私も、自分と向き合いながらも、

※自分と向き合いながら、というのは、思考の書き出しをしたり、鏡の実践をしたり、ということです。

・なぜ、まだ叶わないのか?

・なぜ、動かないのか?変化がないのか?

・なにか間違ってるんじゃなかろうか?

などと思うことはありました。

向き合いはじめた当初は、病気かと思うほど、焦燥感がありました。

「彼でもいいし、彼じゃなくてもいい」という感覚が重要らしいことを知っていても、「絶対彼がいい!彼じゃないとヤダ!」という執着は、何度も出てきました。

が、しかし。

「ぜんぶうまくいく」ということは、決めたので、

というか、

「決めたものはそうなると信じる」と、決めたので、

とりあえず、どんな思考や感情が湧いてきても、

「それでよし」と、していったのです。

「それでよし」というのは、「絶対彼がいい!彼じゃないとヤダ!」という自分に同化する、ということではありません。

私は、なにを思考していても、よし、ということです。

*****

また、なにか、思い出したら、追記します。

よろしくおねがいします。

(11/15 更新) 12月分と、1月前半分の予約の受付を、OPENにしたいと思います。 11月は満席です。12月〜のご案内となります、...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!