ありのままの自分を愛するとか自信をもつとかいうのはこういうことです

ありのままの自分を愛しましょう〜!

とか

もっと、自信を持ちましょう〜!

とか

自分を信じましょう〜!

とか

自分を許しましょう〜!

とか

よく言われることですが、

以前の私は、これがどういうことか、全くわかってませんでした。

*****

ありのままの自分を愛するって・・・

ありのままの私って・・・

私って、だらしないし、めんどくさがりやだし、

浪費家だし、料理できないし、

メンヘラだし、嫉妬心や復讐心も持ってるし、定期的に「私がこんなふうになったのは、お母さんの育て方が悪い!!」みたいな気持ちが爆発するし、

それでもいいってこと!?

でも、嫉妬したり、怒りを持ってたり、悪口言ったりしちゃダメなんだよね!?

どういうこと!?

・・・っと、思ってました。

*****

↑の私のように思っている人には、ぜひ、この記事を、参考にしていただきたいと思います。

*****

「ありのままの自分」というのは。

もう、先に、答えを書いちゃうと。

たとえば。

「できない自分(裏)」と「できる自分(表)」

「だらしない自分(裏)」と「きっちりしている自分(表)」

「依存的な自分(裏)」と「自立的な自分(表)」

こんなふうに、(裏面)と(表面)の両面があるものです。

この状態を、ただ知っている、というのが、

ありのままの自分を愛している、ということです。

どちらに同化することもなく、どちらかに偏ろうとすることもなく、どちらかを禁止することもなく、どちらかを拒絶・否定することもなく。

ただ、存在させている、と言う状態が、

ありのままの自分を愛しているとも言えるし、自分を信じているということでもあるし、自信がある状態とも言えます。

※同化=同様のものになること。自分と一体のものにすること。

※(裏)というのは、(表)があって、はじめて存在する概念です。(−)があるということは、(+)がある、ということです。

*****

「できる自分」だけよくて、「できない自分」はいけなくて、「できる自分であり続けよう」とするから、疲れるんです。

「できない自分が暴かれること」に対して、恐怖を感じるのです。

今までは、「できない自分」は改善すべき対象であったかもしれませんが、

できない自分が存在するおかげで、できる自分が存在しているのです。

「できない自分」というのを、遠い昔、認識したからこそ、がんばってこれたのです。

「自分はできない人間だ」と思ってる人は、「できない自分(裏)」に同化しているだけ、です。その裏(裏の裏)には「できる自分」が存在しているので、それを知るだけで、よいのです。

*****

「ありのままの自分」というのを、自分ひとりでは、ワカリッコありません。

なので、まわりの人や両親を、「鏡でみましょう〜」ということになります。

外側の誰かやなにかに、反応する、ということは、

自分の内側の内部情報と、共鳴しているから、です。

*****

たとえば、自分が、「世話を焼く(表)」に偏っていたら、そばにくる人は「世話を焼かれる人、問題を起こす人(裏)」となります。

自分が、「追う人(表)」に同化すると、相手は「追われる人、逃げる人(裏)」となるでしょう。

「自立しなければ!(表)」と生きてきたら、「依存してくる人(裏)」が、必ず登場します。

「正しくいきなければ!(表)」と生きてきたら、「正しくない人、間違った人、ふつうだったらこんなことしませんよね的な人(裏)」が、登場してくれるのです〜。

偏るから、抑圧したもう片方が、登場してきます。

ここで、なにかを、がんばったり、反省したり、改善したり、しなくてよくて、

表と裏があって、はじめて、ありのままの自分、ということを知るだけでOKです。

表や裏のどちらかに同化してきた人は、その反対側の自分を知るだけでOKです。

*****

そういえば、クライアント様で、ヒーリング系のお仕事をしている人がいらっしゃって、

「とてもまじめに一生懸命がんばっているのに、クライアントの状態が一向に改善しないどころか、どんどんひどくなってくる」というケースがあったのですが、

これは「癒やす人(+)」に偏っていたから、「癒やされる人(−)」が登場しただけであって、「癒やされる人(−)」も自分自身であったということになります。

これに、深く気づいただけで、クライアント(クライアント様のクライアント様)の反応が変わった、ということがありました。

*****

恋愛でいえば、最近だと、

好きな男性と体の関係だけある、会おうと思えば会えるけど、雑に扱われてるようだし、何を考えているのかわからない、というクライアント様。

この方は、「こうだったら〇〇すべき!、これこれだったらこうなるはず!」を一つひとつ、気づいていってもらいながら、

表と裏が両方あって自分、ジャッジメントしなくてよい、

ということをしていってもらったところ、

ある日突然、実家に招待されて、ご両親に挨拶した、

ということがありました。

これは、「これこれこうだったら、こうなるはず!」ではない展開を受け入れた出来事でした。

*****

私がお伝えしている方法は、

「これが、なぜ、恋愛と関係あるの!?」

とよく質問されます。

たしかに、「女子っぽいキラキラ感」みたいなものは、ないかもしれません。

「ワークやメソッドをする上での、ときめき感」も、少ないかもしれません。

しかし、視点を変えていくものなので、

「これだけ叶った」というようなものではなくて、

いろいろなことを、まるごとひっくり返して、人生の質感が変わるでしょう。

(11/15 更新) 12月分と、1月前半分の予約の受付を、OPENにしたいと思います。 11月は満席です。12月〜のご案内となります、...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!