なかなか叶わないのは、本当は結婚したくないから!?

「恋愛・結婚が叶わない、いつもうまくいかない」

というクライアント様と、思考パターンを紐解きにいってみると、

「本当は結婚したくなかった」

という思い込みが見つかった!

ということは、よくあることです。

「結婚したくない」という盲点

「私は結婚したいし、結婚したくないとか、ありえない」と思い込んでいる

ということは、よくあります。

もちろん、「恋愛成就したい」「結婚したい」「彼が好き」という気持ちも、嘘ではないと、思いますが、

同時に、「結婚したくない、結婚が叶ったら困る」と、思い込んでいるケースもあります。

私たちには「無自覚な自分(思い込み)」というものがあって、それに気づいていない(見ようとしていない)と、この「無自覚」の部分が、現実化しつづけます。

この思い込みの部分が、「私を見て!気づいて!」と言わんばかりに、「私を悩ませる現実」として目の前に現れてくれるのです。

自分は、「本当は、恋愛成就したくない・結婚したくない」と、思い込んでないだろうか?

と、自分に問いかけてみてください。

ずっとがんばってるのに願望成就できない 引き寄せ上手になってきたけど「一番の願い」だけ叶わない という人も多いでしょ...

この記事も、よかったら、どうぞ。

盲点(思い込み)に気づくだけでOK

気づいてない(受け取っていない)から、現実化しているだけです。

「思い込んでいる」から、「こんな現実望んでません!」となってるだけです。

ノージャッジメントで、深く気づいたら、

その現実(あなたを苦しめる現実、嫌な現実)は消失します。

その現実は、自分の内側の反映なので、こわくもなんともないし、

「ノージャッジで、自分を知る」だけで、なぜか、心地よい、素晴らしい人生に、シフトチェンジされます。

「親に復讐するために、結婚しない」可能性

私たちの内側は、「父と母」から創られています。

大元は「父と母」なので、父や母の思考パターンが転写されていたり、父や母との関係性が思考パターンの基礎となったり、しています。

意外とよくあるのが、

・両親に復讐するために、結婚(あるいは、幸せや成功)を自ら遠ざけていた

です。

みんながみんな、↑に当てはまるとは言いませんが・・・

・自ら恋愛・結婚のハードルを上げている

・親に「怒り」「許せない」という思いが残っている

・「怒り」「許せない」という思いが残っている”人”がいる

・「被害者」「悲劇のヒロイン」になりやすい

・誰かを裁くことがやめられない(批判、悪口、クレーム、文句が多い)

という場合、自分=家族(自分=まわりの人)で、鏡の実践していくと、大きな気づき・現実面での変化につながってくると思います。

自ら恋愛・結婚のハードルを上げている人の特徴

・「もう、こんな年だから無理!」と、年齢を理由にしている。なおかつ、「年とか関係ない」と思えない

・「どうしても結婚して子供がほしい。でも、年齢的に早くしないと無理!」と”焦る現実”を受け取っている

・「〇〇だから、無理に決まってる!」という現実を受け取っている

などの場合、「自ら恋愛・結婚のハードルを上げている」かもしれません。

「叶っちゃ困る、叶わないメリットがある」ということでもありますが、

難易度が高く感じられるほど、「その思い込みの根っこ」は深い部分にあるかもしれません。

その多くは、親との関係性や育った家庭環境が影響しています。

根っこが深い部分ですし、生まれ育った環境は盲点になりやすい部分でもあります。

この部分をじっくり見てみると、

「罠」にハマりこんでいたことに気づくことができるかもしれません。

・自分は親をどう見ていたか?どう見ているか?

・自分は親になにを感じていたか?感じているか?

・親に言いたくて我慢したことはないか?

などを、書き出してみると、いいでしょう。

これに気づくと、なぜか、それだけで、

・心が楽になる

・現実が、超うれしい展開になる

・奇跡のような現実を受け取る

となります。このような体験をされるクライアント様は本当に多いです。

新規以外の方のご予約、ringoブログ以外でのご予約もあるため、毎月の新規受付人数を限定させていただいております。 12月は残り2名様...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!