片思い成就・復縁するために執着を手放した方がいい理由

片思いや復縁など、恋愛成就するためには、執着を手放したほうがうまくいきます。

とはいえ、好きな人がいると、

どうしてもその人と両思いになりたいとか、その人のことばかり考えてしまう、

という気持ちはとってもわかります。

しかし、執着を手放そうと、

  • 自分の気持ちを無視する
  • 本当の気持ちを無理矢理抑え込もうとする
  • 執着を手放すことばかり考える(執着を手放すことに執着した状態)

となってしまうと、ますます思考がこんがらがって(現実もこんがらがって)

「なかなかうまくいかない」という状態が続いてしまいます。

なので、

執着を手放したほうがいいのはわかってるけど、どうしても執着してしまう!

というときは、

  • 執着している自分を思い切り認める
  • 執着してもOK!と開き直ってみる

とした方が、結果的に執着も手放しやすくなってきます。

今日は、なぜ、恋愛成就するためには執着を手放した方がいいのか?

についてお話したいと思います。

恋愛で特定の相手に執着している状態とは?

片思いや復縁など特定の相手との恋愛成就で、執着している状態というのは、

  • 彼に私のことを愛してほしい!
  • 絶対に彼じゃないとイヤだ!

ということをずっと考えている状態です。

ずっと考えているというのは、思考が大量に送り出されている状態=現実化するということでもあります。

執着を手放したほうが恋愛がうまくいく理由

  • 彼に私のことを愛してほしい!
  • 絶対に彼じゃないとイヤだ!

という思考の奥には、

  • 相手を思い通りにしたい思考、相手をコントロールしたい思考
  • 「私は愛されていません!」という思考
  • 「(彼から愛されていない)私は幸せではありません!」という思考

などが本心としてあります。

相手を思い通りにしたい思考

相手を思い通りにしたい、コントロールしたいという思考を送り出しているということは、

  • 「思い通りにしたい!」「なんで思い通りにならないの!」という現実が作られていく
  • 誰かから自分が思い通りにされようとする

という現実が作り出されていきます。

「相手を思い通りにしたい」という思考は、恋愛でもそれ以外の人間関係に置いても、

相手が「思い通りにされようとしている」というのを潜在意識部分でキャッチして、居心地の悪さを感じてしまうので、離れていってしまったり、関係が悪化したように感じたり、ということも起こってきます。

「私は愛されていません!」という思考

  • 思考が先、現実があと
  • 出したものが、入ってくる

という法則があります。

愛してほしい=今は愛されていない、ということです。

ですので、「愛されていません!」という思考を送り出していると、

「愛されていない」現実、「愛されてない!」と言いたくなる現実がどんどん作られています。

日々の生活の中でたくさんの愛を感じ、

「愛されている」と感謝でき、全身で愛を感じ、自分もまわりの人も大切に愛していける

という状態になると、自然と「愛されている」現実を作り出します。

「幸せではありません」という思考

  • 彼と両思いになったら幸せ
  • 結婚できたら幸せ

という思考は

=そうではない今は幸せではありません

と潜在意識に伝わります。

「今は幸せではありません」「こうなったら幸せだけど、こうならなかったら不幸」

という思考があると、

「今は幸せではありません」という現実が作り出されていきます。

そうなると、恋愛面でも「幸せじゃない」と言いたくなる現実が作り出されていきます。

  • 自分を幸せにするのは自分しかいない
  • 自分次第で、どんどん幸せになれる

ということを前提に、今すぐ幸せを感じていくと、

「幸せ」という現実が作り出されていきます。

執着を手放すと、ストレートに愛を送り出せるようになる

執着している状態って、なによりも自分自身がつらく、苦しい、と感じてしまうものです。

  • 彼に愛されなくて悲しい
  • 彼に愛してほしくて切ない
  • 両思いじゃなくて、悲しい、さみしい
  • ずっと彼のことばかり考えて、モヤモヤ、苦しくなる
  • もう、どうしたらいいかわからない

そんなふうに感じていると、とっても、つらくて、苦しいですよね。

実は、

「彼と両思いじゃないから」「彼が愛してくれないから」

「恋愛がうまくいかないから」だから、つらい。

ではなくて、

自分の思考のせいでつらくなってしまっているのです。

思考は自由で、選べるので、

執着を手放して、自分自身の心地よさを大切にしていくと、

自分自身が楽になり、現実もうまくいくようになります。

執着を手放せるということは、彼に対しての

「思い通りにしたい」「私を愛して、私を幸せにして」

という思考が手放せて、

ただ純粋に「素敵だなぁ。彼が笑顔だと、私も幸せだなぁ」と思えるようになるということです。

つまり、ストレートに愛を送り出せている、ということです。

自分で自分を大切にして、

自分自身が幸せ・愛・感謝・心地よさを感じられるようになってくると、

彼に対しても、自然と愛と思いやりを持って、純粋に彼のことを大切に思うようになります。

見返りを求めない、純粋な愛です。「〇〇してあげる」とか「彼の気持ちを無視して、自分の気持ちを押し付ける」ということではない、自分も相手も幸せになる、純粋な愛です。

そうすると、恋愛成就・相思相愛は当たり前になってきます。

自然と執着は手放せます

相手を思い通りにしたい(自分が思い描く通りに行動してほしい)

という思考を手放すということは、彼を自由にするということでもあり、自分が自由になるということです。彼を尊重し、自分を尊重している、ということでもあります。

愛してほしい、私のことを好きになってほしい

という思考を手放すということは、「自分はたくさんの愛を感じている」という現実を受け取れる、ということです。

両思いになることで、愛されることで、幸せになりたい

という思考を手放すということは、「今すぐに、無条件で、自分は幸せになっていいんだ」ということを許可して、そんな現実をどんどん受け取っていける、ということです。

これは、「彼に執着している状態」「彼のことばかり考えて苦しい状態」に比べたら、

断然、居心地がいい状態です。

なので、

  • 誰かを思い通りにしようとしなくても、大丈夫なんだ
  • 私はすでに、無条件で愛をたくさん感じられる存在だったんだ
  • 自分自身で、無条件に、幸せになれる存在だったんだ

ということがわかると、自然と執着が取れてきます。

執着がなかなか取れない、というときは、

まだ、潜在意識(自分自身)が自分自身へのメッセージが残っているということなので、

思い切り執着しよう!と決めて、自分の内側と向き合ってみると、

そのうち潜在意識(自分自身)の気が済んで、自然と執着が取れてきます。

心配しなくても、必ず、すべて、うまくいきます。

私たちは愛でできた存在であり、幸せをたくさん感じるために生まれてきました。

「幸せな恋愛・結婚をしたい!」という願望を持ったということは、

幸せな恋愛・結婚をするために、人生が用意されているということです。

執着したり、自分が苦しくなったり、うまくいかない、と感じるときは、

  • より幸せな人生を送るために、潜在意識がサインをくれている
  • 今までの思い込み・古い思考パターンを手放すタイミング

そんなふうに捉えてみて、安心して、自分自身を受け入れ、内側と向き合ってみると、いいかな、と思います。

どうしても好きな人への執着が手放せないときの一番効果的な対処法

★★★

ringoのセッションについて(8/13更新)

★もうすぐ値上げとなります。現在の表示価格での募集は以下の通りです。
ビデオ:3枠 →2枠
オーダー:3枠→0枠

★潜在意識コンサル(3ヶ月)はモニター様価格で募集中です。
潜在意識コンサル3ヶ月:5枠→2枠

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

このページは、お申し込み前に必ずお読みください。

ringoのセッションについてご案内します。

2018年9月頃より、セッション…

★★★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!