好きな人に執着しちゃってる場合の対処法

クライアント様でも、

「絶対に、〇〇くんがいいんです」

「やっぱり〇〇くんがいいです!」

と、おっしゃる方は、いつも一定数いらっしゃいます。

今日は、そんな方に、

私がセッション中にお伝えすることを、記したいと思います。

*****

(1)好きな人に向ける愛を、自分に戻してください。

(2)彼(彼女)の好きなところ・魅力・素敵なところ・すごいところを、リストアップして、それを自分の内側として受け取ってください。

です、これ、ぜひやってみてください。

*****

これは、私もやった方法です。

※自分=まわりの人、という法則に従っています。

私も・・・

(1)私は、うふふくんが大好きでした。彼の素晴らしいところはもちろん大好きですが、彼の欠点や短所や弱いところがもしあったとしても、それでも、大好きだと思いました。彼が、彼の見せる”陽の部分”と同じだけの”陰の部分”というものを、見せたとしても、それでも、彼が大好きなんだと、思いました。まさに、「病める時も、健やかなる時も、富める時も、貧しき時も」ということかもしれない、と、いう感じです。陰があるから陽があり、それが、この、うふふくんなのです。すべてが愛おしく、大切だと、思いました(だから、あんたも私を愛せ!とか思いませんでした)。

→これを、”自分へのメッセージ”と、捉えました。もちろん、「これをうふふくんから言われている」という捉え方ではありません。「私も、気づかないところで、このメッセージを送られている存在なのかもしれない」ということです。

(2)「自分=まわりの人」ですので。相手に感じたものは、自分の内側にあるもの、ですので。

私がうふふくんに感じた

  • すべてをさらけだせるような包容力
  • 思ったことを堂々と表現できる力
  • 知性
  • アーティスティックな魅力、創造性、芸術性

などなどを、すべて、自分自身として受け取ったのです。

ちなみにですけど、私は、以前、

  • 思ったこと、感じたこと、意見を、全然発言できない
  • 低学歴
  • 絵とか全然うまくない、母(絶対音感)には音痴と言われて育った、絵は別にふつうに下手くそ

と、自分を評価していました(それでも、受け取るのです)

*****

これをやると、

  • いろいろうまくまわりはじめる
  • ”私が私だから”、表現できるもの・発揮できる才能が開花する

となります。

そうこうしているうちに、「運命の人」みたいな、”今生での最高最愛パートナー”に、出会います。

ここで、その相手が「すでに出会っている人」であるのなら、関係性は、素晴らしいものへと変容します。

*****

たったこれだけですが、視点を変えることにより、全てが変わります。

変わる、というのは、今までとは、違ったふうに、見える・受け取れる・展開していく・感覚がわかる、ということです。

*****

あなたは、もともと素晴らしい存在です。

素晴らしいギフトを持って、この世に存在しています。

あなたは、もともと愛でできているのです。

あなたは、それを自覚することで、惜しみなく表現し、存在することで、その愛を、拡大、して、いけるの、ですよーーー!!!!

前回、 好きな人に執着しちゃってる場合の対処法 という記事を書きましたが、 結構重要なことを書き忘れていたので、 ...
(12/5 更新) 12月の予約(現在セッション中の方の見込み枠含めます)が満席となりました。 いや〜、予約が取れないセラピスト...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!