ネガティブ思考と向き合って恋愛成就する方法

思考は現実化します!

という言葉を聞いて、「ネガティブ思考・ネガティブ妄想が止まらない自分」に焦ってしまう!という方もいらっしゃると思います。

恋愛というのは、特に感情を動かしやすいものなので、

不安や焦り、不信感、が止まらなくなったり、どんどん後向きに考えて自信をなくしてしまったり、ということにもなりやすいものです。

確かに、思考が現実を作っていくので、

今、自分が考えていること・感じていること・信じていること

ということは、とても大切なことなのですが、

  • ネガティブ思考したらダメ!と自分を責めたり・・・
  • なんでネガティブ妄想ばかりしちゃうの、と焦ったり・・・
  • モヤモヤ思考から抜け出せなくて、ツライと不安になったり・・・
  • ネガティブ思考が湧いてくるのに、そんな自分を無視して、思考を感じないようにしたり・・・

としてしまうと、

かえって現状が悪化したり、自分自身がつらくなったり、・・・とスムーズに進まないような現実を受け取ることがあります。

こんなときは、まず、

ネガティブ思考は「悪」ではない!

ネガティブ思考は、より幸せな現実を作っていくための潜在意識からのサイン

と捉えてみてください。

一度、ネガティブ思考をジャッジするのをやめて、

「これも私の思考。善も悪もない。大丈夫」とフラットな気持ちで、

自分自身の思考と向き合っていくと、その先の思考や現実を自由に選べるようになってきます。

ネガティブ思考があるとき(1)思考を書き出す

とにかく、自分が思っていること、感じていること、言いたいこと、本音を、

すべて紙に書き出します。

誰に見せるわけでもないので、ありのままに、書き出してみましょう。

暴言もどんどん吐きましょう!暗い暗い被害妄想が溢れ出てきてもOKです!

(例)彼からLINEの返事がないまま。〇〇さんとは仲良さそうなのに。きっと私のことなんか恋愛対象に見れないんだ。でも〇〇さんのことは恋愛対象に見えるんだ。ひどい。〇〇さんもなんかむかつく!きっとあの二人は付き合いはじめるに違いない・・・

ネガティブ思考があるとき(2)思考を認める

全部、ありのままに、書き出せたら、

「私、今までこんな風に思ってたんだ〜!」と、一歩引いて、見てみましょう。

「へー、そうなんだ!」とただ気付く、という感覚です。

そして、自分の思考を、ただ受け入れて、認めます。

(例)

→「彼からLINEの返事がないまま。〇〇さんとは仲良さそうなのに。きっと私のことなんか恋愛対象に見れないんだ。でも〇〇さんのことは恋愛対象に見えるんだ。ひどい。〇〇さんもなんかむかつく!きっとあの二人は付き合いはじめるに違いない・・・ 」

→私、こんな風に思ってたんだ〜。そっかそっか〜♡

→うんうん、そう思うよね〜。そう思っても大丈夫だよ♡

という感じで、

ちょっと一歩引いた状態で、自分の思考に気付き、そう思ってることをまるごと受け止める、ただ認める、という感覚です。

ここで、とっても!大事なのが、

否定しないということです。

「〇〇さんのことムカつくとか考える私、サイテー!」とか

「こんなにウジウジ悩んでるなんてダメじゃん!」とか

そんな風に思う必要は一切ありません。

※否定している自分に気付いたら、その自分も否定せずに、受け入れていく、ということを徹底していきましょう。

自分の思考に気付くだけでも、現実は変わる

  • 思考を書き出す
  • 自分の思考・本音に気付く
  • 思考を認める(否定しない!)

これだけでも、現実って、結構変わってくるものです。

ネガティブ思考・妄想・モヤモヤが止まらないときは、

「自分の本音に気付いて、それを自分で認める・受け入れる」

ということを徹底してみる。

そうすると、そのネガティブ思考に光が当たります。

「気付いてもらった!受け入れてもらった!」と感じた潜在意識は、

とりあえず、現実化する必要性がなくなるのです。

いや〜な現実は、「こんな思考持ってるよ!気付いて!」というメッセージだったりするのです。

自分の思考・本音にきちんと気付いて、認めて、受け入れていくと、自然と、ネガティブ思考が減ってきます。

ネガティブ思考は悪いものではない

ネガティブ思考は、悪者ではありません。

「ネガティブな私」も否定する必要など一切ありません。

だから、安心して、自分の思考も、「そう考えている自分自身」も、すべてジャッジせずに、受け入れていってください。

ネガティブも、ポジティブも、「ただ純粋に、私の思考である」ということです。

「ネガティブ思考が止まらない」というときは、

「無視しないでちゃんと私と向き合って!私のこと認めて!」と、潜在意識(自分自身)が訴えているのかも!と思ってみてください。

そして、

  • なぜ、そう思うのか?
  • 本当は、私はどうしたいのか?

と、自分自身との対話を進めていってください。

そうすると、新しい思考の送り出し・思考の選択も、スムーズにできるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする