愛する人と相思相愛になる準備をする方法 #読むだけ

愛する人と相思相愛になる準備をする方法です、読むだけです。

読んで「へ〜」と思うだけでOKです。

*****

  1. 愛する人・好きな人がいて
  2. 相思相愛ではなくて(あるいはなにか問題があって)
  3. そのことについて自分が苦しい思いをしている

という三拍子揃っているとき。

そんなときは、もしかしたら、

「愛する人と相思相愛になる準備」が、できていないのかも、しれません。

無自覚的に「愛する人とは相思相愛になりたくない」というブロックが、あるかも、しれません。

*****

どんなに頭で、

いやいやいやいや、私は、愛する人と相思相愛になりたいですってば。

今すぐ彼から連絡がきて、会って、ロマンティックなデートのあと告白でもされて、両思いだったことがはんめいしました〜!

ってなったとしても、別に、困ることとか、ありませんってば。

と、思っていたとしても、

私たちには「無自覚な自分の部分」というものがあり、これに翻弄されていることは、少なくありません。

*****

ということで、今日は、この部分をクリアにする試みを、してみたいと、思います。

無自覚だったものを自覚するだけで「自分がハンドルを握れている感覚」を思い出すことは、大いにあるからです。

*****

まず。その前に。

「男」と「女」というのは、「+」と「−」のようなもので、真逆だけど、表裏一体のように切っても切り離せない関係性である、といえます。そして、これが、融合する(摩擦を起こす)と、新しい命が誕生します。

それと、同じように、

「好き」と「嫌い」は表裏一体です。

「称賛」と「批判」は表裏一体です。

「愛」と「憎しみ」は表裏一体です。※ここでいう「愛」は、三次元的な愛でしょう。

*****

そして、次に。

下記の言葉をご紹介しましょう。

  • 夫婦というのは、もともと相性の合わない者同士をくっつけている
  • ツインソウルとは、性格が真逆である
  • 結婚の決め手一位は「性格の一致」で、離婚事由一位は「性格の不一致」

これが、どこまで精密な情報なのかはわかりませんが、

そのように言われることがあるのです。

*****

  1. 愛する人・好きな人がいて
  2. 相思相愛ではなくて
  3. そのことについて自分が苦しい思いをしている

という三拍子揃っているとき。

「愛する人と相思相愛になる準備」が、できていないのかも、しれません。

と、書きました。

あなたが、

”大好きなあの人”と、相思相愛になれない!

望むような関係性を築けない!

という悩みを抱いているとき。

あなたは「大好きなもの」を受け取れない状態にある、と言えるのですが、

これ、もしかしたら、「大嫌いなものを絶対にみたくないから、大好きなものも絶対に近づけないようにしている」とも、言うことができます。

「好き」と「嫌い」は、表裏一体なのです。

*****

好きなものとは、ずっと一緒にいたいものです。

嫌いなものとは、できればずっと無縁でありたいものです。

障害物を認識することで、目的地に向かえるものです。

実は、この2つ、切っても切り離せないものであり、どちらかを認識した瞬間、その真逆も存在するものです。

「大嫌いなものを絶対にみたくないから、大好きなものも絶対に近づけないようにしている」

この状態は、障害物を絶対に見たくないから、目的地にも迎えてない状態に、近いのです。

*****

こんなふうに書きましたが、

誤解しないでいただきたいのは(そして、とても誤解を招きやすい部分でもあると言えるのは)

嫌いなものを好きになれ

とか

好きなものを受け取るためには、嫌いなものを(たとえどんなに嫌いだとしても)受け取りましょう

とか

許せないものを許しましょう

とか

好きなものを得るためには嫌いなものもくっついてくるのもであると、諦めましょう

とか

そういうことではないのです。

*****

あなたが、外側(ほかの誰かや、何か)を見て、嫌ったものというのは、

あなたが、自分に対して嫌ったもの、なのです。

自分が、自分に対して、嫌っているのです。

それに、ただ、ただ、気づくと、スゴイコトが起きるかもね、とこのブログでは繰り返し書いています。

ただ、ただ、気づく、というのは、裁きを入れず(反省、改善、罪、罰を入れず)、

そんな自分の様子を観照する、みたいな感じです。

*****

自分が一番嫌いなものなんて、絶対に、「”自分=まわりの人”でした★」とか、思いたくないものです。それで、フツーです。

自分が絶対に許せないものを、許すなんて、虫酸が走るようです。それで、フツーです。

「これはどう考えたって、絶対おかしい、間違ってる」と思っているものを、「”ただ、自分の内側として受け取る」とか、気が狂いそうです。私だってそうでした。

それはそれでよい、というか、正常なので、気にしなくていいのですが、

「一番キライなもの」を「内側に発見する」という感覚を見つけると、

「一番大好きなもの」がやってくるのです。

たとえば、一番大好きな彼に対して、具体的アプローチとか、しなくても、

全然関係ない「絶対に許せない、前務めてた会社のパワハラ上司」などを、見つめていくだけで、愛の箇所(恋愛結婚)も、動きはじめるのです、なぜならば、根っこは一緒なので。

*****

タイトルである「愛する人と相思相愛になる準備」という点にフォーカスすると、

↑ここまでの話を知っている、というのが、第一歩です。

「どうしても、大好きな人と相思相愛になれない」とか、

「どうしても、一番欲しいものが手に入らない」とか、

そういう方ほど、↑の話が、とても、「一番効くツボ」になると思いますので、よろしくお願いいたします。

*****

というか、最近、本当に、

・ringoブログを読んで、鏡をやってみたら、(人間関係・家族・仕事・経済・自分のメンタルなど)激変しました。

という読者様からのメールが多いです。

セッションをお申し込みくださったきっかけとしても、「ringoブログを読んで、鏡をやってみたら、(人間関係・家族・仕事・経済・自分のメンタルなど)激変したから。この調子で一気に全部うまくいきたい」というものが、ダントツ一位です。

なので、このブログにご縁があり、数記事読んでくださってる方は、ぜひ、「外側を内側として気づいてみる」という、この方法を、ご活用してみてください。

気づくだけでいいです、「こんな現実を作ったのは自分だから、なんとかして改善・修正しなければ」とか、そういうのは、別にここでは必要ありません。

ライトワーカー講座をはじめました。 ringoセッションを受けたことがある方限定とさせていただきます。 前回募集させていただいて...
(2020年10月9日更新) たくさんのお申込みありがとうございます。一旦受付を休止させていただきます。 ringo事務局スタッフ ...

・定休日:月曜日、火曜日、祝日。ほか不定休あり。

・セッション受付時間/ 営業時間:14時スタート〜18時

・受付・日程変更などの返信については、休業日を除き3営業日以内に返信を行っております

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!