正解中毒は常に外側に不正解を見る


******
(2020年11月更新)
年末年始のお知らせ
2020/12/26㈯〜2021/1/5㈫までお休みとさせていただきます。セッションのご予約、メール対応、LINE返信などすべての業務は連休明けとなりますので何卒ご了承の程をお願いいたします。
******

・定休日:月曜日、火曜日、祝日。ほか不定休あり。
・セッション受付時間/ 営業時間:15時スタート〜18時。ただし、講座・セミナーは18時以降となることがあります。
・受付・日程変更などの返信については、休業日を除き1週間以内に返信を行っております
******

正解中毒。

たったひとつの、完璧で、矛盾のない、正解がほしい!

そういって、本末転倒になる人、多いです。

私もそうでした。そうして、長い長い旅に出かけて、迷子になり、疲れ果て、どこへ行っても、安らぎはない、というプロセスを体験して、はじめて、「そういう問題じゃなかった」と気づいたひとりです。(=痛い目に遭ってはじめて学習するタイプなんでしょうか)

*****

青い鳥。

青い鳥を探す旅に出かけて、戻ってこれない人、

”そもそも、なぜ、青い鳥を探したかったのか?”を忘れて、

”青い鳥を見つける”ことだけに執着してる人。

そうなってしまうと、

とても、とても、長い、旅に出ることになります。

それも、延々と続く砂漠のような、求めているものとは、違うものだけが、目の前に広がり続ける、不完全燃焼な、不満ばかりが、募る、旅、です。

自分が「それに当てはまるかも?」と気づいて、やっと、

選択できる立場になるのでまずは、気づくことが重要です。

******

たとえば、

私のこのブログであれ、

スピリチュアルであれ、心理学であれ、自己啓発であれ、引き寄せの法則であれ、

もしも、これを、自分の人生の真の充足のために、

これを学んでいるのであれば、

目的は、”自分の人生の真の充足のため”でしょう。

しかし、ここで、どこにいっても、

その理論の矛盾を探し、

欠点を探し、

落ち度を探し、

「これは不十分だ」と判断し(ジャッジメント)、

また、別の、メソッドを探し、ハマり、

その理論の矛盾を探し、

欠点を探し、

落ち度を探し、

「これは不十分だ」と判断し(ジャッジメント)、

(以下、無限ループ)

と、なっっちゃう!!という場合。

人を裁きたいのかもしれませんし、

人から裁かれる恐怖とともに生きてるのかもしれません。

平たく言うと、他人軸、でしょう。

自分=相手なので、どちらも、同じこと、と言えます。

******

失敗は許されないから、実践するのが怖い。だから理論ばかり集める。

※でも、失敗と成功は表裏一体なので、失敗を遠ざけるかぎり、成功も遠ざかりますし、実践しないと、理解はできません。実践しないままの理解は、それこそ、机上の空論です。

あるいは、「問ー答」のなかで、答えてもらうこと=愛の図式が完成し、回答や正解に恋い焦がれ、常に問い続ける。そうすると、一生、問い続けることになります。

※問と答えも表裏一体なのです。それを知らないと、ハテナだらけの人生、という不思議の国の住人になっちゃいます。

******

正解よりも、重要なことって、なんなのでしょうか?

”正しいこと”よりも、重要なことって、なんなのでしょうか?

私の意見としては、

”一番重要なのは、自分の感覚”

です。

*****

この世は矛盾だらけです。

”自分”も、矛盾だらけです。

この”矛盾”を、私は、ずっと受け入れることができずに、”AI”になろうとしてました。

でも、”矛盾は、存在するものだ”と受け入れてみると、

そこには、説明のつかない、奇跡に溢れた、美しい、”それ”が、

自分の人生に広がっていたことに気づくのです。

*****

今日のブログは、裏ブログ的な内容でした。

最近は、”アップデート”をきっかけに、言語化が難しく感じておりました。

セッションでも、”混乱する”と、いわれる頻度が増えてます笑

でも、同時に、”なんかよくわかんないけど、みんな、急速にいい方向に向かってる”のは、

この”混乱”が、潜在意識に響き、顕在意識にも影響し、現実面に結果として現れてるからだと、思ってます。

だって。

頭での理解を超えたところに、潜在意識は存在してるから、です。

「こうなって、ああなって、そうなったら、願いが叶う」

そんなプロセスぶっ飛ばすのが、

潜在意識活用ですし、

新しい視点ですし、

だからこそミラクルですし、

これが、ringo式です。

証拠探しはほどほどに。

正解ゲームもほどほどに。

重要なのは、”矛盾のない正解”ではなくて、

”皆を黙らせる、唯一無二の回答”でもなくて、

”全員を論破して、ドヤ顔すること”でもなくて、

”私が心地がいいこと”であり、

”私が私の人生を生きていること”です。

error: Content is protected !!