「傲慢な人」にむかつくとき


******
(2020年11月更新)
年末年始のお知らせ
2020/12/26㈯〜2021/1/5㈫までお休みとさせていただきます。セッションのご予約、メール対応、LINE返信などすべての業務は連休明けとなりますので何卒ご了承の程をお願いいたします。
******

・定休日:月曜日、火曜日、祝日。ほか不定休あり。
・セッション受付時間/ 営業時間:15時スタート〜18時。ただし、講座・セミナーは18時以降となることがあります。
・受付・日程変更などの返信については、休業日を除き1週間以内に返信を行っております
******

傲慢な人にイライラする、ムカつく、というテーマは、本当に!本当に!よく出てきます。

お疲れさまです笑

傲慢を辞書で引くと「《名・ダナ》高ぶって人をあなどり見くだす態度であること。」と出てきます。

その逆は「謙虚」とかでしょうか。「謙遜」「卑下」なども”親戚”って感じがします。

そして、傲慢な人がよく登場します、って方は、謙虚な方が多いです。

「謙虚、謙遜、遠慮、反省、自責、卑下」は不要です、ということを、ブログでもセッションでもお伝えしておりますが、そうなんです、謙虚でいると、傲慢な人が出てくるんです笑

******

傲慢な人が出てきて、それが「ヤダ!!」みたいなときを鏡で見てみると、

〇〇さんが私を見下している

私が私を見下している

となりますよね。

こうやって、感じてみると、

「謙虚な私」はもちろん、「傲慢な私(見下す私)」も存在していたことに気づきます。

「謙虚」と「傲慢」。陰と陽。プラスとマイナス。

この真逆である2つは実はセットであり、同時に存在していたということです。

******

「謙虚は良いこと」と教わってきた方が多いです。

「傲慢は恥ずかしいこと、みっともないこと」と教わってきた方・そう学び取った方・感じ取った方も多いでしょう。

だから、謙虚に生きている、ということもあります。

すると、これ、どうなるかというと、「謙虚は◎、傲慢は×」となりますし、傲慢な人を見下してた、ということにも、気づくでしょう。

そうなんですよ、おもしろいですよね、

ハイ、もういっかいいいますよ、

「謙虚」と「傲慢」。陰と陽。プラスとマイナス。

この真逆である2つは実はセットであり、同時に存在していたということです。

やはり「ジャッジメント思考」ってのは、肝です。

ノージャッジになると、もうそれだけでも悟ったも同然、と言いたいくらいです。

以上です、ごきげんよう!

error: Content is protected !!