【pinoです】今の自分を変えようと頑張る方へ


******
(2020年11月更新)
年末年始のお知らせ
2020/12/26㈯〜2021/1/5㈫までお休みとさせていただきます。セッションのご予約、メール対応、LINE返信などすべての業務は連休明けとなりますので何卒ご了承の程をお願いいたします。
******

・定休日:月曜日、火曜日、祝日。ほか不定休あり。
・セッション受付時間/ 営業時間:15時スタート〜18時。ただし、講座・セミナーは18時以降となることがあります。
・受付・日程変更などの返信については、休業日を除き1週間以内に返信を行っております
******

pinoです。

pinoについてはこちらをご覧ください

今回は、ringo先生のブログにお邪魔させていただきます。

これから、こちらのブログでも、ときどき、記事を書かせていただく予定です。

とは言いつつも、ringo先生が今までに書かれたブログの内容が濃すぎて、何を書けばいいのやら・・・って感じです笑

なので最初は、僕自身がセッションをさせていただく中で、クライアントさんからよく感じること、それに合わせて自分自身のことも踏まえて、書いてみようと思います。

*******

  1. 今の自分を変えようと頑張る
  2. 鏡の実践=自分と向き合う

*******

①今の自分を変えようと頑張る

セッションをさせていただく中で、これを、強く感じることが多いように思います。(おそらく僕自身にもあるのでしょう、「自分=周りの人」なので)

「何か」を変えようと頑張っている方が多いのです。

その「何か」は人によって様々だと思いますが、ざっくり大きく一纏めにすると、

「自分のダメなところ」

なのかなと、思います。

自分の中にあるダメな部分、嫌いな部分を、改善しよう、良くしようと、頑張っているのです。

理由も人によって様々だと思います。

  • 親からそう育てられた(or親のそういうところが嫌いだった)
  • 過去、「それ」によって、辛い思いをした、傷つくことがあった
  • 世間的にそれが良い、それが正しい

この辺りの理由を持つ方が多いのかな、と感じます。

あともう一つ、こういう自己啓発系・願望成就系に精通されている方は、

  • 「それ」を持っている自分では願いが叶わない

という思い込みを持っている場合もあります。

いずれにしろ、とにかく、「今の自分のダメなところ」を変えようと、頑張っているのです。

*******

僕がringo先生のブログに出会い、鏡の実践をやり始めたのが2019,10月頃、

この記事を書いているちょうど1年前くらいですね。

偶然に、本当に偶然に(多分必然だったんですね、タイミングだったんだと思います)このブログに出会い、

「この鏡の実践って面白そうだな、簡単だし手間もかからないし、明日やってみよう」

と、半信半疑のまま、次の日職場でやってみました。

するとどうなったか。

人間関係が激変しました。

周りの人たちみんなが自分に優しい。とてつもなく優しい。意味不明に笑

所謂「ミラクル」ってやつですね。

最初はもうワケがわからなかったです笑

「なんで?」って感じでした。

そこからの1年間、鏡の実践をやりながら、思考の書き出しをひたすらしてきました。

そんな1年を過ごして、1つわかったことが、

「これまでの人生、あまりにも自分を嫌い、否定し、拒絶し続けてきた」

ということでした。

先にも書いたように、

自分のダメなところ、嫌いなところを、

拒絶し、否定し、禁止し、隅に追いやって、消そうとしてたんですね。

「今の自分、ダメな自分を変えよう」と、ずっと頑張って、

「もっと良くしなければ、改善しなければ」と、一生懸命でした。

  • 親からそう育てられた(or親のそういうところが嫌いだった)
  • 過去、「それ」によって、辛い思いをした、傷つくことがあった
  • 世間的にそれが良い、それが正しい

こんな思考が、自分の中に、たくさんあったんだと思います。

******

ringo先生や僕が、ブログやセッションを通して、「表裏一体」について、お伝えしております。

この「表裏一体である」ことの視点から見たとき、今まで拒絶し、否定し続け、変えようと頑張ってきた「自分のダメな部分」が、実は必要だったということがわかります。

変える必要などなかった、ということに気づきます。

あるクライアントさんは、セッションの中で、

「え、じゃあもう何もしなくていいじゃないですか」

と、笑っておられました笑

そうなんですよ、何もする必要はないんです。

もう頑張らなくてもいいんです。

敢えて1つ、何かするとするならば、周りの人を、鏡として見てみてください。

そして、その時感じたものを、「自分自身の中にあるもの」、として、受け取ってみてください。

まっすぐに見て、感じて見てください。

これだけです。簡単です。

ミラクルは、勝手に起きます。

******

ちょっと長くなりそうなので、もう一つの、

  • 鏡の実践=自分と向き合う

については、また次回、書かせていただこうと思います。

pino

amebloやってます:https://ameblo.jp/pino-ponopono/

pino1回セッション受付中です

error: Content is protected !!