【pinoです】自分を知るということ


******
(2020年11月更新)
年末年始のお知らせ
2020/12/26㈯〜2021/1/5㈫までお休みとさせていただきます。セッションのご予約、メール対応、LINE返信などすべての業務は連休明けとなりますので何卒ご了承の程をお願いいたします。
******

・定休日:月曜日、火曜日、祝日。ほか不定休あり。
・セッション受付時間/ 営業時間:15時スタート〜18時。ただし、講座・セミナーは18時以降となることがあります。
・受付・日程変更などの返信については、休業日を除き1週間以内に返信を行っております
******

pinoです。

前回は、「今の自分を変えようと頑張る」ということについて、書かせていただきました。

今回は、「鏡の実践=自分と向き合う」について、触れてみたいと思います。

******

  • 自分の思考が現実化している
  • 目の前の人・現実は、自分自身の反映

ということを、ブログやセッションではお伝えしております。

これを信じる信じないは自由です。そして、世の中には、いろいろな方が、

  • 現実創造
  • 願望成就
  • 幸せに生きる
  • ありのままの自分を愛する

などについて、情報発信をされています。

「どのやり方が正解」とかは、ありません。

自分の、好きなもの、肌に合うものを、選んでみるのがいいのかな?というふうに、感じています。

すべて、皆さんの自由です。

「プロセスが違うだけで、最終的にたどり着くところは同じ」だと、思っております。

そして、その最終的にたどり着くところというのが、「本来の、ありのままの姿で、自分の人生を、幸せに生きる」ということなのかなと、思います。

******

  • 自分の思考が現実化している
  • 目の前の人・現実は、自分自身の反映

これを信じる信じないは自由です。

でも、もしこれを信じるならば、「願いを叶える」、「欲しかったものを手にいれる」とか、簡単だと思います。

いくらでも、「現実を創造していける」と思います。

ただ、一瞬だけ、ほんの少しだけでいいので、立ち止まってみてほしいのです。

「なぜその願いを叶えたいのか?」

これを、自分に、問いかけてみてください。

******

僕自身、ringo先生のブログ以外にも、いろいろな方のブログを読んだり、価値観に触れたり、時には実践してみたりしました。

先にも述べたように、「どのやり方が正解」とかは、ありません。

自分自身に合うものを、選ぶのがいいと思います。

その中で、僕がringo先生に師事させていただきたいと、強く思った1番の理由が、

「ただ願いを叶えるのはカンタンです。大切なのは、それを叶える人の心がどうあるのか」

という文を読んだのがきっかけでした。(多分こんな文だった気がする笑、どのタイトルの記事だったかは忘れました、ゴメンナサイ笑)

******

なるほど確かに、「思考が現実化している」のであれば、願望なんて簡単に叶えらるはずです。

でも、「なぜその願いを叶えたいのか?」って、すごく大切なことだと思うんです。

もちろん、理由や動機は様々だと思いますし、そこに、正しい間違い、良い悪いはありません。

どんな理由でもOKです。

「なぜその願いを叶えたいのか?」そこを、ちゃんと知っておいてほしいのです。

気づいてあげてほしいのです。

もしあなたが、

  • 大好きな人と恋愛成就しても
  • たくさんのお金を手に入れても

根っこにある欠乏感や、見て見ぬふりをしていた自分や、心の奥底にいる傷ついた自分を置き去りにしたままでは、

何を手に入れても、どんなに願望を叶えられたとしても、心が満たされることはないかもしれません。

「ただ願いを叶えるのはカンタンです。大切なのは、それを叶える人の心がどうあるのか」

これは本当に、今では僕の大好きな言葉の1つです。

******

「鏡の実践」は、この世界、見ている人・現実を、「鏡」として捉える、ということです。

「目に映るもの、そこから感じたものは、すべて自分自身」ということです。

これはどういうことかというと、「鏡の実践=自分と向き合う」ということです。

鏡の実践を通して、まっすぐに、自分を見てあげてください。

自分のとこを、知ってあげてください。

自分の中にある、たくさんの感情や思考や想いに、気づいてあげてください。

そして、その全てを、変えようとせず、受け止めてあげてください。

「ただ願いを叶えるだけ」ではない、本当の豊かさ、安らぎや安心感が、必ずそこにあります。

pino

******

amebloやってます:https://ameblo.jp/pino-ponopono/

pino1回セッション受付中です

error: Content is protected !!