「叶うから願う」件について


******
(2020年11月更新)
年末年始のお知らせ
2020/12/26㈯〜2021/1/5㈫までお休みとさせていただきます。セッションのご予約、メール対応、LINE返信などすべての業務は連休明けとなりますので何卒ご了承の程をお願いいたします。
******

・定休日:月曜日、火曜日、祝日。ほか不定休あり。
・セッション受付時間/ 営業時間:15時スタート〜18時。ただし、講座・セミナーは18時以降となることがあります。
・受付・日程変更などの返信については、休業日を除き1週間以内に返信を行っております
******

こんにちは、ringoです。

「願うから叶う、つまり、叶うから願う」

これはもう、ブログやセッションで、何百回も言ってきた(つもり)です。

これを、何回も、思い出してください。

思考を修正したり、イメージングをする暇があるのなら、

これを、何回も、思い出してください。

******

この「逆矢印」が、すごい重要なのですよ。

叶うと願うは表裏一体です。

なので、叶うと願うは、本来同時に、同じ面積で存在しているということなのですが、

なぜか、エゴは、「叶うから願う」に変換してしまい、それ以外の発想をシャットダウンします。よくよく考えると不思議な話なのですが、これがエゴのお仕事です。いいも悪いもありません。

*******

これで考えると、

過去→未来

という発想もあって当然ですが、

同じように、

未来→過去

もあって当然です・・・

というのが、私がお伝えしてる「視点」です。

******

だから、未来に対して不安になる、というときは未来を選び直せばいいだけです。

好きに、未来を観測すればいいと、私は、思ってます。そんな自由を持っているのが、私達の、底力なのでしょう。

「未来に対して不安、恐怖」というのも、もちろん、存在していいのです、消す必要はありません。ただ、選び直せばいいのです。

******

そこで、同じように、同時に、感じてみていただきたいのが、

過去→現在(あるいは未来)

で、考えていないかどうか、です。

この一方通行だけであるとき、私達の「潜在能力」は二分の一以下、ということになります。

一方通行の解除をするというのが、「内側の両思い」で、ゴザイマス。

※内側が両思いなら、ほっといても、「外側は両思い」になります、いろんな側面で。

******

あと、もう一個のコツが抽象化/具体化、です。

このお話は、とっても、大切なので、また今度、詳しく書けたらいいなぁ、と思います。

error: Content is protected !!