こんな状況だけど、本当に潜在意識で恋愛成就できるの?と思うとき

いつも読者様からたくさんのメッセージ・ご質問・ご相談をいただいております。

ありがとうございます。

「いつも読んでるよ〜!」「更新楽しみにしてます!」

「わかりやすい!具体的!」「読んでいてわくわくする」

「前向きになれた!」「最近いい感じです〜♡」

などのお言葉をいただくと、私は本当にうれしくて、幸せな気持ちになります♡

本当にうれしくて、メッセージを開いたその瞬間、一人でカフェにいる場合も多いのですが、一人でニヤニヤしてしまいます♡笑

さて、読者様からよくある質問として、

「こんな状況ですが、それでも可能でしょうか?」

「こんな状況ですが、それでも効果ありますか?」

というものがあります。

これは、ブログの読者様だけでなく、以前対面セッションしていたときのクライアント様からも、最初によく聞く言葉でした(そのうち、この疑問は持たなくなります)。

そう、「そのうち、この疑問は持たなくなる」のですが、

今日は「この疑問を持たなくなる原理」みたいなものを種明かししたいと思います。

「こんな状況だけど、恋愛成就できますか?」

「こんな状況ですが、それでも恋愛成就できますか?」

「こんな状況ですが、それでも潜在意識を活用すれば効果はあるのでしょうか?」

このフレーズ、よく聞きます。

私も昔そんなふうに思っていたことがありました。

そして「〇〇な状況」の〇〇には、みなさん、一人ひとり、本当に様々な状況が当てはめられているのです。

今、パッと思いつく限りでいうと、

  • もう〇年以上片思いしていて、すでに3回告白して3回フラれている
  • 〇年以上、都合のいい女扱い・体だけの関係
  • おそらく〇股かけられているが本命になりたい
  • 音信不通・連絡を無視されている
  • 関わりがほとんどない
  • 急に音信不通になり、生きているかどうかもわからない
  • 夫が失踪して〇ヶ月になる
  • ほかの女性とは仲がいいのに、私にはそっけない
  • 好きな人が海外に行くことになった
  • 社内恋愛禁止
  • 好きな人に彼女ができた
  • 好きな人はほかの女性にぞっこん
  • 好きな人の結婚・入籍が決まった
  • 恋愛がうまくいった試しがない、男性と付き合ったことがない
  • 年が離れすぎている
  • 好きな人があまりにも完璧すぎて素敵すぎてモテすぎる
  • ライバルが多すぎる
  • 自分が浮気してふられたけど復縁したい
  • 修復不可能としか思えない大喧嘩をして別れたけど復縁したい
  • 出会いがまったくない
  • もう〇歳だし、恋愛・結婚は無理なのでは
  • 「こんな問題(持病、家族、ルックス、経済状況、バツ2以上etc)」を抱えている
  • 男性の恋愛心理カウンセラーから「不可能に近い」と言われた
  • 超有名な霊能者から「やめておけ」と言われた

まだまだ、出てきますが、このくらいにしておきます(笑)

みなさん、本当に、一人ひとりいろんな状況・いろんな思いがあるのです。

まずは、

「こんな状況ですが、それでも恋愛成就できますか?」

「こんな状況ですが、それでも潜在意識を活用すれば効果はあるのでしょうか?」

と言っている(そんなふうに問いたい)自分の心の奥を見つめてみましょう。

・不可能だと信じている

・「可能ですよ」「効果ありますよ」と言ってもらいたい

という思いが出てきませんか?

さらに、自分の心の奥を見つめてみましょう。

・不可能だと信じている

→でも、それを、叶えたい。可能だと信じたい。

・「可能ですよ」「効果ありますよ」と言ってもらいたい

→なぜなら、可能・効果があると信じたい。今、私は信じられないけど、本当は信じたい。不安で仕方ないから、安心したい・安心させてほしい。

そんな思いが出てくるかもしれません。

まず、一度、しっかりと自分と向き合って、自分の心の奥の声を聞いてみてください。自分の心の奥の声は、自分にしかわからないので、自分で自分に問いかけて、聞いてあげてください。

この状況での恋愛成就は可能か?不可能か?

「潜在意識で願望成就、基本のキ」として、知っておいてほしいことは、

可能性は半々で存在しており、観測したことが現実化する

ということです。

※観測したこと=意識を向けたこと、心の奥で信じたこと、フォーカスしたこと、たくさん思考したこと等

たとえば「こっぴどくふられたけど、まだ好き。恋愛成就したい」というとき。

「こっぴどくふられたけど、まだ好き。恋愛成就したい」というのが、今の状況、願望ですね。

現時点での段階では、ここから先の「可能性」として、

  • 彼と恋愛成就する確率・・・50%
  • 彼と恋愛成就しない確率・・・50%

と、それぞれ同じ確率で存在しています。

その状態で「観測したこと」が、現実化します。

これが「(こっぴどくふられた)」という状況ではなくても同じです。

「(こんな状況)だけど叶えたい」

(こんな状況)には、なにが入っても同じなのです。

なので、私に、

「こんな状況ですが、それでも恋愛成就できますか?」

「こんな状況ですが、それでも潜在意識を活用すれば効果はあるのでしょうか?」

と、どんな状況の方から問われたとしても、

「可能である確率50%、不可能である確率50%」

「可能である確率は確かに存在していて、それを現実化できるのはあなたしかいない」

ということしか言えません。

「可能ですよ」という言葉でお答えすることもあるのですが、

それは「あなた次第で可能にできます。可能である確率は確かに存在しています」ということなのです。

これは、どんな状況の方から問われても、答えは同じです。

私は、状況を細かく分析して判断しているわけではなく、

心理分析をして判断しているわけでもなく、

特殊な霊能力を使って縁を見ているわけもありません。

確かに「このままの思考でいくと、この先こういう現実を受け取りますよ」ということは見れますが、

未来は「今の思考」が創っているので、「今の思考」次第で、どうにでもなっていきます。

ミラクルは、誰にでも用意されているものなのです。

可能を観測する方法

可能性は半々で存在しており、観測したことが現実化する

と書いたので、

じゃあ、可能を観測するにはどうしたらいいの?と思うかもしれません。

可能を観測するには、

  • 可能だと信じられるのは、自分しかいない、と知る
  • 可能であると断言できるのは、自分しかいない、と知る
  • 可能だと信じる、可能であると決める

ということにつきます。

「信じるとか、決めるとか、簡単にいうけど、なかなかできないから困ってるのよ〜!」という声が聞こえてきそうですが、

「信じる」「決める」「思考から望む現実を創っていく」ということが、スムーズにできるための方法をこのブログでアプローチを変えながら紹介しています。

この記事すべてを「信じる」「決める」「思考から望む現実を創っていく」に役立てられるように書いています。

イメージングも、自愛も、自分との対話も・・・

潜在意識との繋がりをちゃんと持って、「自分の意図で、自分の思考で、望む現実を自由に創っていく」ためになるのです。

なぜ「不可能」と思いたいのか?

「こんな状況」というのを目の前に、

  • どう考えても無理に決まってる、不可能だ
  • 信じられない
  • 潜在意識を使っても無駄なんじゃないか
  • 不安でいっぱい
  • どうにかしたい

と思いながらも、

「こんな状況でも叶いますか?」

と聞くということは、本当は、

  • 叶えたい
  • 信じたい
  • 安心したい
  • 自由に現実を創造したい・楽しみたい

ということではないかな〜と思います。

それと同時に、

  • 信じたくない
  • 変えたくない、変わりたくない
  • 叶えたくない
  • できないままがいい

と思ってる場合があります。

なぜなら、

  • その方が楽
  • 変わるのがこわい、めんどくさい
  • 実は、叶わないことによるメリットがある

ということがあるからです。自分との対話をして、自分の本音に気付いていってほしいのです。気付くだけで、変わります。

「こんな状況ですが、叶いますか?」と聞きたいとき。

もし根っこ(心の奥)の部分で叶えたくない、と思っていたら、いくら私が「可能ですよ」と言っても「可能である」ということを信じられないままなのです。

そして「可能ではない現実」を受け取って、「ほらやっぱり」「どうせ、しょせん」と思うのです。

書き出しながら自分との対話をしていくと、「根っこ(心の奥)で思っていること、無意識部分」を文字にして見ることができます。

無意識部分が文字にすることで、「わけのわからないまま、望まない現実を受け取った」ということがなくなり、さらには「意図して現実を作る」ということができるようになります。

可能と決めるのは自分しかいない

どんな状況でも、

  • 可能であると決める
  • 可能であると信じる
  • 叶った未来を受け取ると決める

のは、自分しかいないのです。これは、動かしようのない事実です。

ここが腑に落ちると「〇〇だけど叶いますか?」という質問をする必要性が感じられなくなってきます。=この状態というのは、自分が自分の力を信じて、認めている状態でもあるのです。

自分の力を取り戻し(取り戻し、というよりも、思い出す・すでに持っていたことに気付く、という感じかな)心の底から「可能である」と思えるようになると、叶うのです。

それでも、不可能だとしか思えない場合の対処法

ここまで説明しても、

「いや、でも私はこれこれこんな状況で、これが覆るなんてありえないんですよ!」

とおっしゃる方が、たま〜にいらっしゃいます。

もしかしたら、「今回のケースではスムーズに可能と不可能を選べることが理解できたけど、別のケースでは不可能だとしか思えなくなった」ということもあるかと思います。たとえば、「恋愛問題はなんとなくいけそうだと思ったけど、同時進行している経済問題はどうにもならないとしか思えない」という感じです。

さぁ、こんなとき、どうしたらいいか?

ひとつ方法をあげると、

(1)「〇〇な状況だから、叶うのは不可能だと思っている」ということを、まずまっすぐに認めます。そんなふうに思う自分が嫌とか、変えなきゃなどという否定・自責・反省はせずに、ただ「今、〇〇な状況だから、叶うのは不可能だと思っている」ということを、胸をはって、堂々と認めます。

(2)次に、魔法の言葉。

「〇〇な状況だから、叶うのは不可能だと思っているけど、もしかしたら可能かもしれない」

と言ってみます。

(3)これを「もう無理なんじゃなかろうか」と思うたびに、「無理だとも思うけど、もしかしたら可能かもしれない」と言ってください。

「無理だ!不可能だわ!」と思うたびに、「いや待てよ、叶う可能性だってないことはないぞ?」と思ってみてください。

(4)以上を「どう転んでも結局はうまくいく」「私にとって最善にしかならない」「私が幸せになることは決定事項」という前提のもと、行ってください。

今、私がなにを思考していても、今、私がどんな現実を受け取っていても、結局は全部うまくいくし、私にとっての最善にしかならないし、私が幸せになることは宿命なんだ!くらいに思ってください。

自分の思考を観察しながら(あ、今、私、無理だと思ってたな〜と気付きながら)

(1)〜(4)を繰り返していくと、

不思議と「なんか、イケる気がしてきた!」と思えてきます。

どんなに頑固なエゴ・脳も、

「可能かもしれない」と繰り返し思うことで、

「可能かもしれない」→「可能だ!」と、変化してきます。

この「不可能→可能かも→可能だ!」に変わるプロセスの中で、思考はどんどん変わり、現実もどんどん変わってきます。

ぜひ、お試しください。

まとめ

「こんな状況ですが、それでも可能でしょうか?」

「こんな状況ですが、それでも効果ありますか?」

と、問いたくなったら、

  • その答えは、自分が持っている(自分が信じた通りの現実を受け取る)
  • 可能性は半々で存在しており、観測したことが現実化する
  • 不可能も可能も自分が選べる
  • 不可能も、自分次第で、可能にしていける

ということを、思い出していただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする