ラッキーノートをねらえ!!

いつもたくさんのメッセージをありがとうございます。

あたたかいお言葉、本当にうれしくて、私は幸せな気持ちでいっぱいに満たされています。本当にありがとうございます。

読者の方のメッセージでよくいただくのが、

「ノートのお話もっと聞きたいです」

そして、何名かの方から、

「ringoさんのノートが見たいです」

というお声もいただきました、ありがとうございます(照)

以前書いた、ノートの記事はこちらです。こちらもどうぞ。

読者様よりご質問をいただきました。 ノートに書くといいということが色々出てきますが、ノートの使い方はどうされてますか?オススメ...

たしかに、ノートを作ると、潜在意識書き換え、定着なども早いと思います。

一冊、ご自分の気分を上げるためのノートを作って(ラッキーノートと命名しましょう)、自分だけのラッキーアイテム・パワースポットにされるといいと思います。

ラッキーノートには、いい気分になることを中心に書いて、思考の紐解き、自分=まわりの人については、また別のものに書くと、いいと思います。特に最初のうちは。

※〇〇でダメな自分でもOK〜!それでも愛されちゃうってサイコー!などは、どんどん書いてくださいね♡

私のノートの中身はですねぇ、仕事の機密保持契約に関すること、クライアント様のこと、うふふなことなど、いろいろとヤバイので公開することはごめんなさいできません(笑)

しかし、ノートの使い方、気になる方もいらっしゃると思うので、簡単にサンプルノートを作ってみようかなぁと思っています。いつアップできるかわかりませんがよろしくお願いします。

ひとまず、ラッキーノートサンプル用を買ってきました。

私、方眼ノート派なんですよ〜。ロルバーンは、比較的どこにでも売ってるし、近所のツ○ヤで取り扱ってるので、ずっとロルバーンです。シャーペンもボールペンも全部ツタ○で書いました。

ピンクでキラキラでお姫様みたいな感じじゃなくてごめんなさい(笑)

ひとまずこのロルバーンに、こんな感じで使うといいかも〜?みたいなものを書き込んで、サンプルラッキーノートを作りたいと思います。ぼちぼちですが。

あ!でも、私のプライベート用ラッキーノートはキラキラです。

右がプライベート用のラッキーノートです。キラキラっていうよりピカピカですかね。

カラスもびっくり!カラス避け!って感じですね。

私のラッキーノートの使い方もちょっと紹介します。別に、こうしてくださいね、ということでは全然ありません。あなたが好きなように使うのがイチバンです。

私のラッキーノートはロルバーンの手帳ロルバーンダイアリーシリーズです。

マンスリーページには、

  • 未来日記(予定風に書き込む)
  • 宣言
  • その月したいこと

などを書きます。

マンスリーページのほかに、私の大好物である方眼メモページがなんと165ページもつき、PPポケットが12枚も付き、切り離しミシン目付きという、豪華さ。感慨無量って感じですね。

方眼メモページには、

  • 気になるワード
  • 新しく見つけたステキなもの
  • ステキな言葉、アファメーション
  • 大好きなもの
  • インスピレーション、心がしてくれたお話・回答
  • アイディア(仕事、ブログ、セッション、プライベート、なんでも)
  • 宣言、願い事
  • 未来の自分からのメッセージ
  • 未来日記(日記風に書く)
  • 旅行の計画
  • まわりの人からいただいた褒め言葉
  • 読者様・クライアント様からいただいた褒め言葉
  • ラッキーハッピー
  • 感謝の手紙

などなど、もうしっちゃかめっちゃかに書いております。

※実際問題なスケジュールはiCloudで管理してます。

その日の気分次第♪というスタイルを大切にしており、別にこれを毎日継続してます!というわけでもありませんが、

やはり、書けば書くほど、手に取れば取るほど、愛着もわき、ラッキーノートを手に取るたびに、いい気分にフォーカスできるようになってきます。

PPポケット12枚には、好きな写真とかうふふな写真、お気に入りサロンのメニュー表などを入れています。

私の大好きを、たくさん詰め込んでいるのです。

今の気分が次の今を作ります。1日のうち1分でも多くいい気分にフォーカスすることが大切なのです。恋愛成就、願望成就には。

だから、ラッキーノートは役立ちます。

ラッキーノートを育むうちに「手に取るだけでなんかわくわく」が拡大されます。ネガティブ蟻地獄にはまりそうになったときも、ラッキーノートを開いて、フォーカスしてる場所をずらすことができます。

そうそう、この記事を書いていて、とくに皆様にもトライしてほしいなぁ、と今思ったのが、

  • まわりの人から自分への褒め言葉、言われてうれしかったこと

これを、ラッキーノートにメモするといいかもです!

最近褒められてないわい!って方は、今までに褒められた言葉を思い出して書き出してみましょう。

そして、あとで読み返して、ニヤニヤしてくださいね♡

前の記事の恋愛成就ワークのコメント欄から「この褒め言葉で褒められたいかも、こんなふうになりたいかも…♡」というのを見つけて、メモって引き寄せ実験しちゃうのも楽しそうです。

※この記事は、魔法をかけてます。本当です(笑) セルフイメージというのは、自分で自分のことを「自分はこのような人間だ」と思い込...

あなたがその言葉に惹かれ、いいなぁ、と思ったということは(あなたのアンテナに引っかかったということは)あなたにはその要素がある、そうなる素質がすでにある、ということです。

オーダーメイド中のクライアント様で、専用アファメーションをお送りしている方、専用アファメーションも書き込んでほしいなぁ・・・です♡

「これやってください」とお願いしているものも、ラッキーノートにメモしていただくと、ありがたいです。

※すでにご自身でノート・手帳・ルーズリーフ等作ってらっしゃる方は、そちらで十分最高ラッキーです!ハナマルです!!

あと、せっかくここは恋愛成就ブログなので、恋愛結婚系のことをいいますと、

  • ふたりで行きたい場所、したいことを自分軸でたくさん書き出す
  • 結婚したらしたいこと、どんな生活をしているかを自分軸で書く
  • 子供は?仕事は?家事は?平日は?休日は?どんな家・部屋に住んでる?なにがしたいか、どんなふうか、自分軸で書く
  • ”結婚して、新婚旅行から帰ってきて、新居の寝室でひとりホッとくつろいでいる自分”という設定で日記を書く
  • 素晴らしい最高最愛の夫への、愛の気持ち・褒め言葉を書く(もちろんすでに結婚している前提で書いてください)

などなど、書いておくとよいです。

これはですね〜、最大公約数として、あらゆる方におすすめできます。

ご参考までに。

五感をフル活用して具体的に書いてください。時期とかは、あまり気にして書かなくていいです。

あと「〇〇くん」のイメージをしながら書くのではなくて、ちょっとぼやかして書いた方がいいです。「私の夫は」とか「私のダーリンは」とかにしておきましょう。

その方が、早いです。

★おまけ

早く投稿したい、記事のアイディアたちです。

読者の方からのメッセージにあったご質問なども含まれています。

そうそう。

私、字が下手くそなのがコンプレックスだったんですよ。

上の写真のは、まだましな方ですが、学生時代のノートや仕事中のメモなどは、自分でも読めないことがよくありました。今では、解読力が向上したのか、潜在意識で右脳が開発されたのか、ほとんど読めるまでに成長しました。

二十代前半の頃、憧れの男性♡がいて、ときめいていたんですが、その男性がある日私のメモ帳を見て、

「りんごちゃんって、意外と字汚いよね(笑)」

って言ったんですよ。

そして、さらにその数年後、別の男性に、また恋していた私。

そして、その男性も、

「りんごちゃんって、意外と字汚いね(笑)」

って言ったんですよ!!もう笑い話ですよ!!

「私は、字が汚い、こんな自分が恥ずかしい、ダメだ、女性として失格だ」みたいに抵抗感・自己否定感みたいなものを持ってると、こういうふうに現実化しますよって話です。

で、今どうなってるのかというと、

「意外と字が汚い」ということはルックス的には字が綺麗そうにみえるってことだ

と、解釈しておりますし、

天才肌は字が下手・汚い説を採用

と、思うようになりました、これでいいんですよ。

能天気に楽天的に考えるほど、それを肯定する情報が集まってきます。そして、思い込みは現実となります。ノーテンキに考えましょう。

「私に惚れない方が、おかしい」くらいに、思っていてくださいね。

「てゆーか、片思い自体が私の勘違いだったかも?」くらいに、思っていていいですからね。

復縁希望の方は「どうせ私のこと忘れられないはず。私のところに戻ってくるに決まってる」でいいです。

大好きな人が多忙男子・連絡不精男子という方は「まぁこれから先、うっとおしいくらい愛されることになるかもしれないし、この距離感は今だけかも(今のうちにひとりの時間を楽しもうというノリです、頻繁連絡くるようになったり、毎日会いにくるようになったりしたら、今の距離感を甘い思い出として懐かしく思うかもしれませんよ)」としましょう。

で、なんの話だったか。

そうそうそう。

記事アイディア書いてますので、読んでくださった方で、大至急読みたいというものがあれば、メッセージください。

なにか、参考にしていただけましたら、幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする